情報過多の時代に、やっぱり「人」が大事だと思う。

ネットでもテレビでも
いろんな情報が流れてきています。

しかもテレビ、ネットはかなり偏った情報ですよね。
マスコミの情報操作には本当に辟易します。

4630万円の御送金をネットカジノに溶かした男については
こんなにやらなあかんの?と思うほど報道するくせに
コロナ対策費で使途不明と言われる13兆円には一切ふれない。
一切ですよ!

その使途不明の13兆円から幾らがマスコミに流れているんでしょうね?
マスコミはコロナが収まったら収入が減るんじゃないでしょうかね?
って事は政府と一緒にコロナを大げさに報道していた方がマスコミには得なのではないですかね?

そして、こういう政府批判的な発言に対して究極は「逮捕」が出来る「侮辱罪」が
国会審議で可決され通過しました。
その間、過去ずっと続けられてきたNHKの国会中継が、なぜかこの二か月間だけは一切なかった。
国民に知られたらまずい法案を、中継なしで可決させたのでは?
政府批判の意見を言ったら逮捕される未来がすぐ目前なのでは?

こんな大事な法案が国会で審議されている間、マスコミは4630万円男の事ばっかり流して・・・

って事はマスコミは既に政府の手先で、政府の都合の良い情報しか流していないでは?

ちょっと考えただけでも「?」がいっぱい出てきます。

それでも何も言わない日本人。

マスクを外していいかどうか?
「政府発表に従います」
「政府が許可したら」
って。
本当にいい加減にしないと!

野外で、会話もしなくて、離れているのであれば
どう考えたってマスクは要らないし。

これから先、暑くなってきた中での
現場作業など、マスクをするよりも熱中症の方が心配でしょ?

屋根の上で一人で黙々と作業をする職人さんに「マスクしろ」は
ないでしょ???

もっと自分で考えましょうよ!

もしもマスクをしっぱなしで熱中症になって、
酩酊して落下して、もしかしたら怪我をするかもしれない
職人さんの責任を、
政府は一切とらないから。

と、いう話もネットに流れます。
(現にこのブログもネット上の情報の一つです)

誰が、どんな人が発信している情報か?
を大事にしましょう。

このブログを読んでいる方は、きっと多少は私と接点があり
私の事を知っている方だと思います。
私も、結構危ういかな・・・と思える内容でも
大事な事だと思って、こうやって実名どころか立場も居場所も公表して
記事を書いています。

ネットの情報はスピーディかつワールドワイド。
今や世界中の情報が一瞬で入ります。

しかし、やはり最後は「人」

会ったこともない人の情報を、よくそこまで鵜呑みにできますよね、皆さん。
ましてや実名も知らない、居場所も分からない人の話をよくそこまで信じられますよね。

情報の取捨選択が大事です。

私は初めて仕事をする人や
電話やメールでも興味が出た人には、
出来るだけ「会って話す」様にしています。

当たり前の事なんですけどね。
ZOOMなどのツールがビジネスのスピードを急加速させました。
これはコロナの副産物として、悪い事ではありません。
オンライン系の技術普及や意識の改革は3倍速で進んだとも言われています。

されば尚の事、
実際に会って話すって大事です。

と、いう事で先週も新潟へ視察出張へ行きましたが
今週も三重や北海道など、出張続きです!

こんなコロナの時期に?
そう。こんな時代だからこそ
実際に自分の目で見て、会って話をして
そのうえで情報を整理して。

感じて考えていきましょう!

今の日本の就活や採用活動に物申す

 

拾い画です。
表現や言葉はちょっとひどいですが
実際、こういいたくなる気持ちになるんですね。
6年前に就活をしていた学生さんの投稿だそうですが、
今でも変わってないですよね。
いや、今はもっと酷いんだと感じます。

企業や学校に関わる大人の責任です。

大学でいうと三年生から始めるインターンシップが
自分の進路を考える事にに対して重要になってきます。

しかし!
今の日本企業のインターンシップは既に会社説明会の様相
いや、下手すると選考の一環になってると聞きます。

インターンシップの本当の意味は
企業での就業体験を通して
社会を知り、自分にあった働き方や職種や業種を知る事です。

【就活】ではなく【学習】の一環だと思います。

インターンシップは、
参加してくれる学生さんに「選んでもらう」場でもなく、
ましてや学生さんを「選ぶ」場でもないはずです。

「知識や経験を与える」場と認識すべきです。

それが出来るのであれば、
インターンシップに三年生の夏から参加する事を「就活のスタート」と捉えるのではなく
大学で学ぶことの延長として社会を知る意識で参加してくれるはずだし
参加する人数も増えるはず。

そうなれば、4年生の春には、もう自分の方向性は決まっているでしょう。

 

 

と、いう事で!

今年は4月から新入社員が入りまして
そのうちの1名に採用を担当して頂いていまして
せっかくなので、6月に早期インターンシップとして「就活ガイダンス」を開催する予定です。

3年から就活ダル!
って言ってないで、とりあえず聞いた方がいい。
昨年に就活を体験したお姉さまからの「進言」が詰まってます。
リクルートサイトや就活コンサル、学校でのガイダンスとは真逆の
採用する立場になって始めて知った「真実」や「本質」をみんなに伝えます。

これ、すごく大事な事だなって思ってます。

人生を左右する就活ですが、
学べる場だと思って参加してくださいね。

 

 

ゴールデンウイーク

みなさん、ゴールデンウィークはどうお過ごしですか?
トミソーは4月29日から5月8日まで10連休を頂いております。
休む時は休む!

とは言いましても、
ちょこちょこと会社に行ったりすると、
出社して仕事をしているスタッフも居たり。
休み切れないくらい仕事があるって事は嬉しい事ではありますが
業務時間内に仕事をまわせるマネージメントが出来ていないのは反省です。

定時内にきちっと仕事が出来て、
休日もしっかりと休めて、
それできちんと(世界基準の)お給料が支給できて
それで利益も出て、次の仕事に活かせて、持続的に業務を続けられる
これが出来ると最高なんですが、
なかなか難しいのが現状です。
1人1人の意識や考え方を育成していく事が課題です。
上意下達の組織ではきっと理想の人間像や組織にはならないかなって思います。
向かう方向が同じなら、ある程度の決裁権を各個人に託して
自分の判断で業務を進めていく。
そういう組織を作るには、
チャレンジできる環境と
それによる失敗体験と成功体験を与えるが大事。
その過程では、もしかすると眠れないくらいの緊張の中で仕事をしたり、
終わりの分からない未知の仕事をしたり・・・
と、定時だの休日だのと言ってられない様な経験も必要かと思ってます。(古い考え?)
まあ、これが古い考えで、もっと良い方法があるならば、改めます。

なので、もしもスタッフが残業や休日出勤をしていたり
ストレスの溜まっているような顔をしていても
それが、自身の成長のための負荷なのか?
ただ業務量がいっぱいなための負荷なのか?
きちんと見極めて、適切な負荷をかけていかないと成長はないと思います。
筋トレと同じですね。
筋肉を大きくするには、トレーニング量を増やしていかないと筋肉も増えません。
昨日と同じトレーニングでは筋肉量の維持は出来ても
増大には至りません。
大きくするためには昨日以上の負荷も必要です。
昨日よりもトレーニングを怠った日には、小さくなってしまいます。

このゴールデンウィーク中にちらちら見えたうちのスタッフの出勤は・・・
残念ながら、ほとんどは業務量かな・・・

やはり反省です。

 

さて、
連休中にSNSに流れてきた記事が面白かったです。

ユニクロのファーストリテイリング柳井氏が
「社員の年収を倍にしても、その社員のパフォーマンスを倍にするのは難しい。
しかし社員の給料を半分にしても以前の70%くらいのパフォーマンスで仕事をするだろう。
ならば社員の給料を半分にして倍の人数を雇う方がコスパがいい」
と発言した件でバズってましたね。
後にこれは柳井氏が正式にした発言ではなかったとユニクロより抗議がありました。
このツィートは消されてたので、この文章の細かなところは私の記憶です。悪しからず。
とはいえ、火のないところに煙は立たず。
柳井氏の正式な発言の中には
「グローバル化が進めば社員の年収が100万円になるのは仕方がない」
があるみたいです。
これはどうも事実のよう。

この件で、バッシングがあったり、文句を言う人がたくさん居る事は
想像つきます。

その後に、
カルビーの松本会長のコメントも出てました。
これは事実っぽいのでまだツィートが残ってましたので
コピペします。

カルビー松本晃会長「給料を増やし、社員の待遇を良くするのは一番大事な投資。人件費を減らせば、社員は会社に貢献しなくなり、新しいものが生まれないという悪循環になる。従業員はただの道具ではない。会社はお客さんへの責任があるが、次は従業員とその家族に対して責任がある。」

 

素晴らしいお考えではありませんか?

と思うのですが、この記事もバズりまして
ほとんどは絶賛するコメントです。
中には柳井さんと比較する方もおられます。
しかし! これにさえ文句を言う人までいるのは笑えますね。
結局文句を言いたがってるだけなの?

ただね。
調べてみると
社員の平均年収は実はカルビーよりもファーストリテイリングの方が高いんですよね。
ファーストリテイリングは生産を人件費の安い海外で行っているので
日本の社員はホワイトカラーが多いのかもしれませんが
ショップスタッフも含めた年収と考えると、見過ごせない数字です。

そうなると、
やはり一つの情報だけで一喜一憂してはいけないだろうし
うん?って疑問をもったら自分で調べて自分で「考える」事は必要です。

いや、「考える」事は重要です!

私に置き換えると、
うちみたいな中小零細企業はただただスタッフのお給料を増やしてあげるわけにはいきません。
ちゃんと利益を残していかないと、会社が持続しませんから。
なので、どうやったら給料を増やしていけるか?
を考えて事業を進めています。
日本を代表する経営者の言葉をうのみにして
ただただ給料を半分にしたり、ただただ給料を増やしたりしても
きちんと自分で考えていかないと、どっちの道を進んでも会社はつぶれちゃうでしょう。

いろんな方のいろんな発言がネットに切り取られて
私達の目や耳に入ってきますが、
その背景、裏側、ストーリー、人間性、会社の業態など
いろんな事を踏まえた上での発言だと考え、それを調べて考えてから
自身に落とし込もうとしています。

そうすると、
自分にとってはあれが正しくて、あれが間違っているのか
という事が見えてきます。

ただ、ああ残業してるな、ああ休日出勤しているな
だけで終わっちゃうと、見えてこない物があるし
かなりの損をすることになります。
その事実を見て、感じて、次にどうするのか?
成長を信じて黙って静観するのか?
業務量がいっぱいなので何か手をうつのか?
全く正しい手法が違いますよね?

 

世の中には、
偏った情報で
あれは正しい!と思いこまされている事が
実は間違っているって事も多々ありそうですね。

コロナ ワクチン ロシア・ウクライナ情勢 チャイナ バイデン・トランプ etc・・・・

 

いろんな情報を鵜呑みにせず
自分で考える連休にしましょう!

 

ちょうどいい

あっという間に一か月が過ぎました。

今年の4月は怒涛の一か月でした。
4月1日
フレッシュな新入社員が二名入りました。
4月に新入社員を迎え初めてこれで4年目
社員や会社はもう慣れてきてはいますが
やはり新しいスタッフが増える事は嬉しく、
ちょっとワラワラとする感じがありますね。

また、大事な社員の諸事情により
急な退職もありました。

致し方ない事ではありましたが、
残る社員が予想以上に機敏に対応してくれたり
動揺が(内心は分かりませんが)無いように振舞ってくれて
なんとかスムーズに業務が進んでいますし、
逆に「皆でピンチを乗り切ろう!」という空気が出来てきているのか?
以前よりも団結が増えた感があります。

私の業務は激増しました。
このタイミングでもう一度社員全員と向き合おうと思って
全部門のミーティングへ参加する事にしました。

全社員面談もしました。

3日間の新入社員研修も全日参加しました。

来年の採用活動で学生さんとも面談しました。

そんな中なのに、参画している百年示道塾の今年の事業の一つ
魚津工業高校のものづくり講座にも参加しました。

こんなタイミングではありますが、
積年の努力もあり、会社の資金繰りが良くなって
銀行さんから良い提案を頂き、保全バランス、
融資バランスの見直しをこの忙しい時に実行しました。
資金繰りコンサルさん、銀行さん、司法書士さん
色々とやりとりをしました。
このおかげで今年の後半、また新しい展開が見えてきまして
「攻め」がしやすくなります。

ミーティングに出席している事もあり
社員からの提案をすぐ聞き取れ、
「攻め」の決断を素早くできます。

住宅用の分譲用の土地、3つを購入する事を決めました。
住宅チームが勢いついている今、
ここで「待て」は、このいい勢いを削いでしまう。

こういう決断がしやすくなったのも
忙しいけど、融資バランスを見直したおかげでしょう。

頭の中では、年内にもっと大きな投資を考えています。
そしてその下準備も始めました。

そうやっていると、廻りからいい情報も入ってきます。
またやる事増えるんだけど、やりたくて仕方なくなるんです。
それも調査と検討を開始しました。

各部門のミーティングに出て
改善点もいろいろと出てきました。

業績管理システムとしてクラウド管理システムも導入を決めました。
7月から本格稼働させるために、
こちらも準備を進めます。

組織配置転向もするかもしれません。

新入社員の広報・採用担当の育成も私が担う事になりました。
最初の数日は細かな指示が必要でイスを彼女のデスクの横に置いて
手取り足取り指導していましたが、
おかげさまで呑み込みの早い子で、
今では任せっぱなしでも、自分で考えて業務を進めてくれています。

この一か月は本当に怒涛の日々でしたね。

そんな中ではありますが、
この9月にイギリスの大学に進む娘と
最後に過ごす数か月。
娘はそのまま海外のレーシングチームへの就職が夢なので、
長期で日本に帰ってくることはなかなかないでしょう。

日本にいる間に出来るだけ一緒にレース観戦に行こう!
と決めていましたので
4月16日、17日は3年ぶりにsuperGTの開幕戦を観戦しに
岡山国際サーキットまで行ってきました。
8月まで、あと二回は一緒にサーキットにいく予定です。

多趣味な私ですが
この一か月、レース観戦以外の趣味にはほとんど手が付けられず。

まあ
えらい大変な日々を送っていますが。

全然楽しい。

 

緊張感も増して、
毎朝、早くに目が覚め、
頭の中でやりたい事、改善する事が
ぐるぐると脳の中をかけめぐって

ずっと張り詰めた中で生活していますが、
なんて充実しているんだろう!と実感しています。

社員とこの距離感で仕事をするのが、こんなに楽しかったのかって
今更ながら。

業務量だけ見ると、
社員から心配されるくらいの量なのですが

「ちょうどいい」

 

この言葉は、大好きな経営者仲間の言葉でして

仕事量、精神的、体力的に
厳しい状況になった時に
これくらいが「ちょうどいい」と
笑いながら口に出すそうです。

神は乗り越えられない試練を与えないっていいますしね

他人が見たら、大変だねって言われる事をやってるのかもしれませんが
全然平気で、逆に嬉しいくらい。
もっとやりたいことが湧き出てくる。

やっとこの「ちょうどいい」の意味が分かってきました。

今日から当社は10連休ですが、
休みすぎるのはちょうど良くないと思うので
この連休中に
ちょうどいい事をしていこうと思います。

あ、この連休で娘とレース観戦も行きますよ!
5月3日、4日は富士スピードウェイでございます。
その前に明日は経営者仲間で軽く登山してきます。

楽しみです。

 

 

小善は大悪に似たり、大善は非情に似たり

弱き善人という言葉があります。

良き心を持ち、
良き理念を持ち、
良き考え方を持っていても、

それを突き通す「強さ」がなければ
何も出来ません。

善人であっても力を持って強くその方針を貫く事が出来なければ
全く周りに良い影響を及ぼせません

今は混とんとした時代で、
易きに流れる情報が氾濫し、聞き心地の良い話や流行が一般化し
本当に正しく、良い事を発信する事がなかなか受け入れられにくくなっています。

そこで折れちゃうか?
めげずに貫けるか?

正しいと思う事を突き通す事は
そんな簡単ではありません。

社員に課する事も同じ事が言えると思います。

以前に新卒で入社してくれた社員の女性が
寿退社で辞める時、送別会で言ってくれた言葉が忘れられません。

「私、もっと仕事出来ました。トミソーの皆さんは優しすぎます」

けっこうショックでした(*^^*)

もっといろんな経験を積んで、
もっと会社貢献や
新しい事をする経験や
眠れなくなるような緊張感や
いつ終わるのか分からないような追い込まれた状況や・・・

もっともっと成長できただろうし、
もっともっと人間的にも大きくなれたのではないだろうか?

いや、もっともっと大きくなりたかった!

と訴えてきていたのだと感じました。

自分は気を使って弱き善人となっていたのだと
思い知らされました。

これぞまさに大悪です。

小善は大悪に似たり。

かわいいかわいいで、負担をかけなかった事が
小善だったんだなって感じました。

今年も新入社員が入ってきました。

そのうち1名は、広報・採用のスタッフで
私が直接指導しています。

もう一人は設計スタッフで
当社の設計の島君に任せています。

早く成長してほしいし、
人間的にも大きくなって欲しい。
自信をもって生きて欲しい。

会社説明会で、どんな会社にしたいのか?
を滾々と語ってきて、なお入社してくれた二人です。

2人ともめちゃめちゃかわいい。

だったら余計に、一見、非情に見えるかもしれないけど
どんどん仕事をさせていこうと決めました。

来年入社の採用活動の二次面談が昨日ありましたが
私が都合が悪く、
新人の鬼原にそのアテンドや説明などを一人で任せました。
周りのスタッフの助けも受けて、なんとかやり切りました。

その後のLINEには
・反省点
・良かった点
・感じた点
・サポートしてくれた社員への感謝
・自信にもつながって、次への決意
を言葉で貰いました。

私の想いも感じてくれているかな

やらされている仕事だったら、
こんな感想は出なかったでしょうし、
周りのスタッフもサポートしなかったでしょう
この成長は彼女が自ら導いた結果だと思います。

こういう姿をみた、もう一人の新人の谷内も
絶対にいい影響を受けて
絶対に自分も頑張ろう!
って思ってくれると思います。

いや、思って貰えるように
私達が手本を示さないといけません。

自分にも厳しく。

一見、大善は非情に見えるけど
ちゃんと大きな愛があれば、
まったく非情ではありません。

これは一つの例でして
他にもたくさんあります。

大善を貫きたいと思います。