会社の数字を社員と共有して、社員全員が数字を自分事にする

毎週金曜日にアップすると決めて、進めていたこのブログですが、
先週の金曜日は完全に抜けていました!

今日は11月23日(月)の祭日です。勤労感謝の日ですね。
お陰様で仕事をさせて頂いています。
店舗併用住宅の内見会を開催しておりまして、
同時に私が店舗併用住宅セミナーも開催しました。

本当にうれしい事ですが、内見会は本日も満員御礼でございます。

明日はまだ空きがありますので、ご興味のある方、
明日ならまだ間に合いますよ!

店舗併用住宅内見会サイト

ぜひご予約下さい。

この前の金曜日はその準備や、
来期の各部門の目標設定、社員の評価基準策定など
やる事が山積みで、(いいわけ)

そんなこんなでブログを完全に忘れていました。

さて、
当社は会社の売上や目標までの差、達成率などの話を社員とも良くしますし、
赤字かもしれぬ!など厳しい時も良い時も情報はせきららに公開しています。
苦楽を共にするという訳でもありませんが、隠しても仕方ないと考えています。
特に年間目標は各部門のリーダーとも共有しながら策定し、
その目標を達成するための個人目標数字や、部員たちの行動目標を決めていきます。
「数字」が自分事にならないと意識は薄れます。

今年、コロナが襲来して本当にどうなるかと思いました。

売上ももちろん落ちました。
そういう数字の推移も逐一共有しています。

自分の部署が予測とどれくらい差があるのか?
を細かくチェックしながら業務を進めています。

本当にお陰様で、「コロナだったから」とあきらめずに頑張ってくれた社員が多く。
そのおかげでなんとか昨年対比100%以上の売り上げは達成しそうです。

内心、あきらめていた部署やスタッフの売上はもちろん伸びません。
その部門はきっとコロナ関係なく伸びなかったかもしれませんね。

ダメな事も、つらい事も共有しながら、
仕事を進めて行くと、本当の意味での協力体制が築けると感じます。
一人の力で引っぱっていく到達点はたかがしれています。
皆で力を合わせると、もっと遠くへ行けそうです。

 

本当に皆の今年の頑張りには感謝しています。
コロナを言い訳にせず、粘り強くよくやってくれました。
いまは来期目標を設定していますが、
来期もコロナの影響はまだあるでしょうが、
同じくいいわけせず達成させます!

 

と、忙しさをいいわけにして、ブログアップが遅れた木村の宣言でした。

個の主体性と推進力

就活生に向けた会社説明会で私は
「朝8時30分に出社して、17時30分までデスクに座り、
与えられた業務をこなして、その分だけお給料を頂きます」
という考えで会社に入りたい方はトミソーとは合っていないので
来なくていいですよ。
とお伝えしています。

待っていても仕事は出来ません。

日本の高度成長期は何も考えずに、
なんの向上もなく、今までやって来た業務を教えてもらって
それをたた反復するだけで、売り上げがあがり
お給料も上がったでしょう。

「安定している会社、仕事」をそういう風にとらえている方もおられると思います。

特に、
現在就活生を子供として持っている親の層(私もそろそろそういう時期に来ました)
私たちは就活直前にバブルが弾けましたので、
幸か不幸か、そういう「いい時代?」を実業務では経験していません。
学生の頃のニュースやドラマ等の話題の中で
会社に入ればドラマの様に夜は遊んで、ディスコに通って・・・
みたいなバブル有頂天を想像し憧れた世代です。

その私達親が、想像と違った実社会で大人になって。
どういう経験を積んで、どう考えるか?も
子供に与える影響は大きく違ってきています。

「子供の幸せのために、子供には苦労させたくない」

とおっしゃる親御さんも(最近は減ったと感じますが)おられます。

個人的にはその方はご自分が苦労されなかったのだろうな
と思ってます。

苦労して、悩んで、考えて、自分から道を切りひらいて、
その先に見える目標に向かって進む道の方が、
その人を幸せにすると考えるからです。

その経験がなく、苦労から逃げていると、
きっと苦労=不幸という思考回路になるのでしょう。

そして、
日本の社会は確実に考えない会社、考えない社員に
生きる道を与えない方向に進んでいます。

 

個人個人が主体性をもって、時によっては推進力を発揮して
組織の中で、誰もがエンジンになれる様に
働かないといけないと思います。

そういう方は、どこへ行っても重宝される社会になるでしょう。

 

私の大好きなクルマやバイクは、各パーツがその役割をきっちり果たす事により
機械として動き、その目的を果たします。
ギアやネジ、一つ一つはその求められた目的さえ果たせばいいのです。

しかし、それ以上の機能は発揮できず、
誰かがそれ以上の機能のパーツと交換するか、追加しないと
マシンそのもののパフォーマンスは上がりません。

 

人間社会の組織、チームはそうではダメですよね。
私たちはそれぞれのパーツかもしれませんが、
各々が考え、もっと良い機能を発揮しよう!と自身で改善していかなくては
いけません。

そもそも全員が「エンジン」になりうる力をもっている事も大事でしょう!

 

個々が主体性を持ち、推進力になりうる。
全員がエンジンになれる組織。

それが強い組織だと思います。

 

本当に悪い人間なんていない

今日は第一金曜日。
月に1回の全体会議でした。

各部門長から部門の売上進捗情報の発表があります。
私も各部門の日々の営業情報を確認して会社全体の売上の予測を見ています。

ところが今日の全体会議発表資料を集計すると、
私の予測を上回って、なんとか前年度よりも多く売り上げを作れそうとの事。

全体会議前に各部門長も集計するのですが、そこで数字が変わるのでしょうね。

うちの営業資料や経営資料はエクセルの書類が多すぎます。
もっとリアルタイムで計数管理が出来るシステムを導入したいな。

 

それはさておき、
7月の段階ではかなり厳しかった予測数字ですが、
本当にみんなの頑張りのおかげで昨年対比をちょっと上回る売り上げは見えてきました。
本当に社員に感謝です。ありがとう。
それでも今年は人員を増やし、設備(商品含め)投資もし、予算もかけて
昨年よりも高い目標数字を掲げてスタートしました。
昨対100%では実は足りないんです。

残り2ヶ月。
踏ん張って頑張ります!

 

さて。
何かの目標に向かってチームで行動するって本当に大変です。
考え方の奥底まで全く同じ人間なんてだれ一人居ません。
一緒にやって行くうちに
「あれ?なんかおかしいな?」
「この考え方は違わないかな?」
と思えることが出てきます。

今週はそんなことが2件ありました。

同じゴールを見ていたつもりが・・・

同じゴールを見ているんだけど、その道のりが違うとか
進むスピードが違うとか、
そういう場合はなんとかなるんです。

 

同じゴールを見ていたつもりが・・・
実は通じ合ってなかった。

と分かった時。

 

相手をどう思うか?

そういう瞬間って、相手の行動や言動に疑問を感じたり、
何か問題が起きたりする瞬間ですよね。

その瞬間は、「あいつは何を考えているんだ!」
「なぜ、そんなことをしたんだ!」

って憤ってしまいます。

 

 

しかし、
ほんとに腹を割って話をしたら、
悪気がある訳でもなく、ただゴールが違っただけ。

正解、間違いではなく、
良い、悪いでもない。

その相手の目指すゴールからしたら、
相手のやり方が正解かもしれない。

悪い考えで行動した訳ではないって思えます。
(結果が悪い方向になる事はありますが・・・)

 

こちらがちゃんと向き合って対応をすれば
本当に根性が曲って悪い人間なんていないんだろうなって思います。

 

人は鏡と言いますよね。

最初っから相手を疑ってかかれば、相手も自分を疑って
嘘を言うかもしれませんし、腹を割って話をしませんよね。

 

 

今週、ひとつそうやって腹を割って話をして
お互いを確認しあったことがありました。

ゴールは違うかもしれないけど、相手の事を悪くは思わない。

 

 

もう一つ、また別の事(別の人、別のチーム・団体)で憤ってることがあるんです。
でもきっと話せばわかる。分かり合える事は出来ないかもしれませんが、
ゴールが違うんだって事が分かるかもしれません。

 

その方がすっきりするしね。

 

 

と、いう事で逃げずに話をしようと思います。

日本人らしい考えかた

本当に怒涛の様な日々を送っておりまして、
本来は毎週金曜日にアップする!と決めていたこのブログを
昨日はとうとう書く事が出来ませんでした。

1日遅れで本日書きます。

新形コロナウィルスが世界を席巻してはや半年以上が経ちまして、
大打撃を受けて、どう立ち直せばいいのか見当もついていない業界
打撃は受けたが何とか立て直しの方向性が見えてきた業界
そんなに大きな影響を受けなかった業界
逆に追い風になり業績が上がった業界

業界区別でなく、同じ業界でも企業規模や元々のやり方の違いなどから
知見が違う方々もおられるでしょうし
そもそも「新型コロナウィルス」が何か?も分かっていない中
企業やその方により、とった対応も違うでしょう。

ただ、誰が得をしたか?という話ではなく
このコロナが私達に与えた影響って何なんだろう?って考えてます。

大なり小なり違いはあれど、経済的に見てこのコロナはどう考えても大きなマイナス影響を及ぼしてますよね。
儲かった方もおられますが、めぐりめぐって景気は落ちてるので府願してみるとマイナスです。

では、人間として考えた時、どうなんでしょうね。

ここ最近、いろんな方とお会いしてお話しをさせて頂いています。
そんな中、「人間って強いなあ」と感じます。

仕事上でお会いする方ばかりなので、たまたまそういう前向きな方が多いのかもしれませんが、
新形コロナの逆境で苦しいよねという情報は確かにテレビやネットで流れてきますが、
実際に私がお話しを聞く限り、
「それでもどうやって前を向いていこうか?」という方々ばかりだと感じます。

これはもしかしたらわかりやすい「共通の敵」がいるからなのかな?とも感じています。
いい例ではありませんが、プロパガンダに利用される仮想敵みたいなものでしょうか。

巨大な敵を前に内輪もめなんてやってられないよって事です。

東日本大震災の時の助け合いの動きなんて正しくそうですよね。

 

私達、市民レベルでは、そういう空気があると私は感じています。
お互い苦しいよね。どうにかしてこの難局を乗り越えよう!って気持ちです。

事実、仕事でもそうですが、プライベートでもそういう困っている相談を受けることが増えてきました。

特に日本人は本来はそういう文化をもった国民のはずですよね。

 

8年前にトミソーの代表になり、経営という事を何も分かっていなかった自分が
数字の見方や、金融、会計の勉強を始めて、そこはあらかた分かってきて。

今度は理念としてどういう会社にしたいのか?
を改めて考え始めて、「社員と共に幸せになっていこう」と腹に入り
企業理念を制定し。

今度は人生において、どう生きていくか?
を会社経営者 店舗デザイナー 父親 旦那 人間 として
このコロナのおかげで考える機会を与えて貰えたなって思えます。

ライフワークと自信を持って言える事を、事業に昇華できる
今は絶好の機会ですね。

日本人らしい生き方をしていきたいなと思います。

 

 

なので、政治家の皆さんも、
初の党内分裂とか言ってないで、宜しくお願いします。

語らずとも

今週は当社が始める新規事業の準備のために
色々な方とお会いしました。

初めてお会いする方も多く、とてもいい刺激になりました。

相手との距離を早く取り去るためには傾聴が大事だって
何かの本で読んだ事はありましたが、
今週は本当にそれを感じました。

 

自分の新規事業の事を理解してもらおうと、
こちらが一方的に話せば話すほど、
距離は空いていきますよね。
※反省も込めて今書いています。

相手の話を聞く事により、
その方のパーソナリティがどんどん分かってきます。
その上で、相手に合わせてこちらの伝えたいことを伝える。

初めての方との面談を進めるうちに、
傾聴の大切さをどんどん分かってきました。

なかなか短期間で沢山の方と「初めまして」をしながら
こちらの要件を端的に伝えなくてはいけない事はなかったので
今は本当に良い経験をさせてもらっています。

 

そんな中、こちらが話を聞こうと思っているのに、
いつの間にか、私がしゃべっちゃっている。
という方とお会いしました。
本当にいつのまにか気持ちよく話している。
私よりも年齢も上の方ですが、低姿勢で、にこにこと傾聴されている・・・

逆にその方のお話をほとんど聞いていませんが、
素晴らしい人となりを感じる事ができました。

ああいう人間になりたいな。
と思いました。

 

が、
もともとが我の強い私ですから、そう簡単にはなれないでしょうが、
「語らずとも、人となりを分かってもらえる」
オーラをまとえる様になりたいですね。

 

「我が強い」ってオーラは出ちゃってるんでしょうけど・・・