カテゴリー別アーカイブ: トミソーの事

秋季インターン カリキュラム追加しました!

11月16日(土)に現場監督インターンを開催します。
完全に現場監督の業務に振り切った内容のインターンです!

「事件は会議室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ!」

あの有名な言葉通り、一番大切なのは現場です。

各種報道でも言われていますが、現在日本の建築、建設業の職人さん不足が大変深刻になっています。
その職人さんも、段取りをしてくれる現場監督がいないと仕事になりません。
現場でいかに職人さんが
綺麗に(品質管理)
怪我無く(安全管理)
予定通りに(工程管理)
仕事を進められるか? これが現場監督の腕ひとつで変わります。

日本の未来は現場に掛かっていると言っても過言ではないでしょう。

その現場監督の仕事や大切さをしっかりと学べるインターンを追加しました。

モノ創りの原点を感じられる1日となるでしょう。

設計、営業、事務、どんな職種を目指している方でもOKです。
文理、男女問いません。
現場監督になりたい訳ではないけど、
モノ創りの大切さを知っておきたいという学生さん。

ぜひ参加しましょう!

リクナビトミソーのページ

Japan Brand collection 2019に掲載されました!

昨日に引き続き、雑誌掲載情報です!

Japan Brand collection 2019という雑誌にトミソーが掲載されました。

レクサスさんやらルノーさんやらを始め
富山でも超一流の会社様である
リバーリトリート雅楽さん 能作さん 宮本家具さんが居並ぶ中

光栄なことに当社トミソーも肩を並べて掲載頂きました。

大変嬉しい事ですね。

 

当社で施工させて頂いた美容室のお店も2件掲載されておりました。

これも大変嬉しい事です。

こうやって日本の・・・・とは言いませんが富山のブランドをリードして行けたらと思います。

ただ、残念ながらこの書籍 あまり書店の店頭には並んでないそうで、
Amazonでの購入が一番やりやすいそうです。

ぜひ見てみてください。

富山の求人情報雑誌BeCALに掲載されています!

みなさん、本屋さんでBeCALって雑誌をご覧になった事ありますか?

CAPさんが発行されている求人情報誌でして、今年で2回目の発行だそうです。

求人誌ではあるのですが、条件などは細かく載ってなく
まずは会社や人の魅力を伝えて、その会社に興味を持ってもらおう!って趣旨の
あまりリクルート感の少ない雑誌です。

そこにトミソーも掲載して頂きました。

WEB版もあります。

BeCAL富山

 

WEB版を紹介しておいてなんですが、
ぜひ買ってね。

県内の書店にて発売中です。

 

 

インターンシップ

今日は当社は夏季休暇前の仕事最終日。

本当に暑い日々が続きますね。

そんな中、朝9時から店舗併用住宅の美容院のお客様の地鎮祭を執り行いました。

暑くなるだろうという予想もして、できるだけ朝早めの涼しいうちに・・・
という思いもあり、9時から開始しましたが、
本当に暑い!

神主さんも、お施主様も、ご家族も、私達トミソースタッフもみんな汗だくになりながらも
なんとか無事に地鎮祭を執り行いました。

お施主様のお母さまの差し入れのお茶が、ぶっちゃけお神酒よりも嬉しかった・・・

とにかくこの先、無事に完工できますように。
熱中症に気を付けて進めていきます!

 

また、今週の水曜日ですが、
2021年卒の学生向けのインターンシップを開催しました。

募集、計画、段取り、実行までやったのは、なんと今年の4月に入社したばかりの新入社員の犀川です。

4か月前にはトミソーの事を何も知らなかった子が、今度は学生さんを相手にトミソーの事を説明しています。

でも、学生さんからすれば歳も近い先輩になるし、私がいきなり出るよりもいいと思い、
やらせました。(もちろん本人がやる!って言ったんですよ)

今回は福井工業大学の建築学科3年生の男子3名と富山クリエイティブ専門学校の1年生の女子1名の合計4名の参加者でした。

午前中は犀川に全てを託して、私はお客様のお引渡しへ・・・
アイスブレイクのゲーム、インターンシップの意味、建築業界の動向の話、トミソーの歴史や事業の説明、会社案内などをやってもらいまして、

本人、実は緊張してたみたいですが、「まあ、あとはやってみながらなるように進めます!」
と、意外と根性ある。
きちっと午前の部をまとめてくれました。

 

昼食前から私も参加しまして、学生さんたちと懇談ののちにワークショップを行いました。

今回は1DAYのインターンシップという事で、ワークショップの時間は1時間半。
その中でいかに有意義な体験を学生さん達に提供できるか?

・トミソーの取り組み方や理念を理解してもらう
・実践的な仕事内容を知ってもらう
・楽しく取り組める

この三つを意識してワークショップの中身を組み立てました。

トミソーワークショップ「超実践! トミソーの社員体験!」 です。

トミソーの営業・設計・デザイナーになりきってもらい
3組のクライアントに土地と建物の提案をして頂きます。
土地と建物は9案ずつ。
これは全てここ数年で実際にトミソーで施工させて頂いたお客様の事例をご使用させて頂きました。
そして、全て店舗併用住宅の事例です。

「店舗併用住宅って、住環境と商環境と両方を考えながら立地とプランを進めないと
いいお店やいい住宅になりません。
そしてトミソーはこの店舗併用住宅を得意とし、事例もたくさんあるので
絶対にここでしか体験できないインターンシップをご提供できる!という自信があります。」

と、リクナビインターンのページに謳ってある以上、
いいものにしました。

そして、お客様と立地計画や設計を進めていく中で本当に重要になってくる「お金」の事も
ワークショップに取り入れました。
お客様の事業計画、人生設計、融資・返済計画、将来の展望、夢、
全てにお金が関わってきます。
ここをないがしろにしては、本当にお客様にとって、いいお店や家って設計や提案はできません。
これを重要視しているトミソーですから、過去100件を超す店舗のお客様のお店を
創らせてきましたが、ほとんど潰れたお店はありません。

コンサル業の様な提案をする事もあります。

それくらい大事な事ですが、学校では教えてくれないんですよね。

 

なので、今回のワークショップでも、結構露骨に資金面や土地単価、建物単価などの要素を
入れました。

学生さん達にはかなり難易度の高い課題だと思いますが、
それでも一生懸命に考えて、話し合って、トミソー社員になり切って提案して頂きました。

クイズ形式にした事もあって、楽しみながら生の現場、生の仕事を感じる事が出来たのではないでしょうか?

 

 

そのあと、ちょうどお引き渡しを終えたばかりの店舗併用住宅のお客様のお宅訪問
H様、お引き渡し後に関わらず、学生含めてうけいれてくださってありがとうございます!

そして建築中の現場も訪問しました。
(足場が外れて内装工事が進んでいるのでヘルメット無しで入ってます)

みなさん、メモをとったり質問をくれたり、
短い時間で沢山吸収してもらえたと思います。

終わってからのアンケートや振り返りシートを見させていただいても
参加してもらった学生さんの満足度が高かったと感じまして、
今季(2021卒向け)初のインターンはうまく行った方だと思いますが
反省点もたくさんありますので、もっと良いものにしていこうと思います。

 

まだ、夏季インターンは残り2工程

3DAYインターン 8月21日~8月23日
1DAYインターン 8月29日

があります。
もう予約も頂いていますが、まだ枠が空いていますのでぜひ興味のある方
ぜひご連絡ください!

 

エントリーはリクナビサイト

https://job.rikunabi.com/2021/company/r961491082/internship/

もしくは、トミソーお問い合わせフォームまで

https://tomisou.co.jp/contact/

 

と、いう事で
本日はお盆休みまえの最終営業日です。

トミソーは7日間お休みをいただきます。
大変ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願いします。

今日は午後から大掃除を社員全員でやりまして、業務は終了。
夜はトミソー社員と取引先の業者さんと合同で暑気払いのビアパーティです。

たくさん飲んで、明日からの夏季休暇で十分休養をとり、
後半戦を迎えたいと思います。

皆様も良いお盆をお過ごしくださいませ。

社員旅行

トミソーHPのお知らせページでも告知しておりましたが、
7月3日から3日間 会社はお休みを頂きまして
社員旅行へいってきました。

あ、もとい研修旅行です。

2年に1回 旅行に行くと決めていまして、
社員も毎月積み立てをしております。

今年は、全体会議で北海道案と沖縄案の二案から
多数決で沖縄に決まりました。

ただ、残念ながら、入って間もなくて積み立て金が足りなかったり、
資格試験の日程と重なったり、子供が小さな女性社員だったり、家の都合があったりと

全員は参加できませんでしたが、半分の10名で沖縄へ行ってまいりました。

まあ、とりあえず羽田空港からみんなで乾杯ですよね。

 

実は私は初めての沖縄でした。

沖縄が暑い事は覚悟していましたが、
からっとしてて過ごしやすいかと思ってました。

しかし那覇空港を降りた瞬間に感じた事は
湿度が高い!
暑いしジメジメしてるし、全然過ごしやすくない。
一年を通して平均湿度が日本一の富山県よりもジメってました。

梅雨明けしたって聞いていたので
いいお天気を期待していましたが、残念ながら三日間ともお天気にはほとんど恵まれず・・・
最終日は雨降りまして、
帰りの那覇空港に着いた時は雷を伴う土砂降りで、
飛行機がディレイしまして危うく羽田乗り継ぎが出来ずに富山に帰れないかも・・・
となるくらいの大雨でした。

沖縄のお天気は変わりやすいって事は
昔に所有していた「あいつとララバイ」という漫画で読んでましたので
ああ、沖縄だなあと、ちょっと嬉しかったです。

 

とにかく暑いので、バスの中でも乾杯。
初めてのオリオンビール。

昼食会場でも乾杯。
やはりオリオンビール。

移動中も乾杯。
最初は飲みごたえのないビールだなあって感じていましたが
3日もいるとオリオンに慣れてきますね。

地名とか覚えてなくて・・・
恩納村付近の海岸でグラスボートに乗る予定でしたが、天候が悪く欠航。
でもせっかくなので、水中展望塔を見てきました。

初日のホテルは恩納村のホテルです。
テラスで乾杯

晴れてくれれば最高なんですけどね。

 

BBQ形式のディナーでした。
雨降ってなくて良かったです。

沖縄の人が本気で方言を使うと、本気で何言っているか分からない事を勉強しました。
英語よりも難しい。

それでも南国の島人。
みなさん本当にあっけらかんとイイひとばかりですね。
初日の夜のディナーは楽しかったです。

 

で、せっかく恩納村の海沿いのプライベートビーチやプールもあるホテルなので
ディナー後に泳ぎました。

海は流石に冷たかったですが、プールは気持ちよかったです。

 

 

 

二日目は二手に分かれてレンタカーで移動しました。

私は美ら海水族館チーム。
生態展示がすごい水族館だよ!って聞いていたので
ジンベイザメよりも大水槽の小魚の動きとかに期待して行ったのですが、

うーん。
凄かったのですが、前評判などを聞いて、すごい期待して行ったのでか、
思っていたほどではなかったです。

上からジンベイが見れて、水槽のアクリル越しではないリアルな大きさを感じられたのは良かったです。
まじデカいですね。

美ら梅水族館で一番感心したことは建築でした。
絶対にフランクロイドライトの影響受けてますよね~
大谷石みたいな柔らかめの白い石が特徴的で、
沖縄の建築によく使われている有孔ブロックも相成って、ライトっぽい雰囲気を醸し出していました。
やっぱり鉄筋コンクリートは打ちっぱなしが一番かっこいいと思います。

 

レンタカーに戻って移動しながら・・・

6人目の乗客を発見。
これも沖縄ならではでしょうか?

 

沖縄を走っていて、
鉄道がないのでどうしても車移動になるのは必然ですよね。
で、自ずと観光客はレンタカーを利用する訳ですが、
なぜか「わ」ナンバーよりも圧倒的に「れ」ナンバーが多いんです。

調べてみたら、
沖縄はレンタカーの登録が多すぎて、「わ」ナンバーが売り切れたそうです。
それで「れ」を使いだしたとか、
しかも全国で沖縄だけだそうです。
さすが観光と車の島 沖縄。
しかしなぜ「れ」なんでしょうね。 レンタカーの「れ」ですかね。

 

名護市を移動中に素敵な商業施設を発見。
昼食がてら寄りました。

ホテル併設のショッピングモールっぽく造ってあって、
出来てまだ新しい施設でした。
南国リゾート感だしまくりの施設ですね。

沖縄は台風の影響が大きいので、住宅にしろ建築物は鉄筋コンクリートが多いよとは聞いていました。
紫外線対策、熱対策なのでしょうが、そのほとんどが白かベージュにリシン塗装されています。
そして新築だけど、型枠の制度がイマイチで、建物の直線がふにゃふにゃと歪んで見えるんですよね。 (実際歪んでる)
新築の建築物でも施工精度はそんなに高くは感じられない・・・
地域柄でしょう。

鉄筋コンクリートはやはり打ちっぱなしがカッコイイと思うんですけどね

 

その後は嘉手納基地の横を通り
アメリカンビレッジという大型の商業施設へ

ちょっと晴れ間が出てきまして、
ビビットな外観がお天気様によく似合う。

沖縄の街並みは、さっきも書いた様に鉄筋コンクリートに白かベージュの塗装が大いのですが
ポイントカラーにちょっとブラウンよりのピンクやオレンジをよく使ってるんです。

それが全然よく感じられなくって、なんでこんな色使ってるんだろうって疑問でしたが、
晴れ間のおかげで理解しました。

お天気様にはよく映える色なんです!

沖縄について、ずーっと曇りか雨だったので、
それが分からなかったんですね。

やっぱり晴天の時に来たかったですね。

 

ザ、アメリカンビレッジに来た観光客!
をやってみました。

他にも、ザ・観光客写真がいっぱいありますが、ここでは伏せておきます。

 

二日目の夜は那覇に宿泊。
夕飯は全員で国際通りの唄が聞ける居酒屋で。

三線とエレキギターの演奏で島唄を聞きながら、
もちろんオリオンビールで乾杯!

こういうステージでディナーショーをやっているお店が沢山あって、
平日、週末関係なく毎日ショーがある。

観光客があって成り立っている所だって事がよく分かりますね。

木曜日の夜ですが、町は賑やか。

那覇市は人口が3万2千人って言っていたかな?
富山市よりも1万人くらい人口が少ないのに、
街は数倍は都会化してる!
モノレールは走ってるし、商業施設も大きいし多い。
国際通りをはじめ、その周辺の繁華街、居酒屋を含めた飲食も充実してる。
夜の街や風俗も盛んだし、
人口は少ないけど都市のGDPは大きそう。

またこれはどの観光地もだけど外国人さんが多かった。

恩納村では、沖縄の人も外国人か?と思ったけど
本当に日本人の方が少なかったと思う。

観光が大きな産業になってると、景気や自然災害などの風評被害(自粛ムードも含めて)
にかなり売上などが左右されやすいと思うけど、実際の所はどうなんだろう。

もっとゆっくりと滞在して
基地の問題とか、地元の人の暮らしとか、色々と感じてみたいと思いました。

日本の一県ではあるけど、
歴史上いろんな事があって、かなり特殊な地ですよね、沖縄って。

 

初めて行きましたが、まだ良く分からず・・・

また行ってみたいと思いました。

 

本当はしらゆりの塔とか行きたかったのですが、
団体行動、多数決で棄却されました。

 

最終日は首里城に行きました。

実は・・・ 前評判があまり良くなく、
正直、期待してなかったんですよね。

インスタ映えよろしく赤いお城を見ておくか。
せっかく沖縄まで来たし、一回は行っておくか。

くらいのノリでした。

首里城、良かったです!

沖縄三日間で一番感動したかも!

生憎の雨でしたが。それもまた神秘性が増して見えたのか、
逆に雨の首里城の方が良いんじゃね?

と、言いながら有名な首里城本殿の正面の写真は載せず、(見飽きてるでしょ)

石垣がいい。

ちょっと中国の影響を受けている面影があるのですが、きれいな石垣と
ちょっと中国風のせりあがった屋根のライン。

分かりますかね? 石垣の角がせりあがっているんです。
防御ためのせり上がりではないでしょうね。

平日の朝一に来れたので、まだ人が少なかったのでしょう。
それも良かったのだと思います。

 

ここは、また行きたいと思いました。

 

首里城のすぐ横にある沖縄県立芸術大学
社屋が打ちっぱなしでかっこいい。

首里城 良かったです。

 

 

まあ、こまかなドタバタはありまして、

最後は本当に帰ってこれないかも・・・
というピンチもありましたが、全員無事に帰ってきました。

親睦も深められましたし、良い経験も出来ました。

次の旅行は2年後です。

できれば社員全員で行けるといいんですけどね。

 

最後はちょっとだけ写真を置いておきます。