日々の事」カテゴリーアーカイブ

憤る

今日は愚痴です。

昨日のニュースで
「東京ミネルヴァ法律事務所 顧客から控訴」
という記事がありました。

金融業者(ここでは高利貸しと呼ぶことにします)が
融資をしていた顧客に過度の金利を受け取っていた。
めちゃめちゃグレーゾーンだった金融業の金利に関して
判例が出て、一気に高利貸し業者が過去の分も含めて顧客に過払い金を返還しなくちゃいけなくたった件です。
その過払い金を顧客の代理で高利貸し業者から返還する業務を請け負っていた法律事務所ですね。
2年前に倒産していたとの事。

ラジオを聞いていると、この手の法律事務所のCMをよく耳にします。
ア〇ィーレ法律事務所とかね。
テレビでもやってるのかな?
あまりテレビ見ないからよく分からないけど。
高利貸の過払い金の返還案件が減って来たのか
今ではB型肝炎とか、賃貸物件の敷金返還とかも耳にしました。

高利貸しの過払い金とかB型肝炎補償とかは
金額の相場はあまり分かりませんが、賃貸物件の敷金返還は大体想像が付きますよね。
家賃の2ヶ月分が相場でしょう。
法律事務所がターゲットにする顧客層で、東京で高めの賃貸マンションって言っても
家賃は20万円/月が大体の上限ではないでしょうか?
もっと高級な家賃払っている層の方はこの手の法律事務所には相談しません。
敷金2ヶ月分で40万円
満額変換があっても40万円で、成功報酬が30%くらいでしたっけ?
だとすると、マックス1件12万円

高利貸しの過払い金返還とかB型肝炎の補償とかの手間がどれくらいかかるか分かりませんが
賃貸物件の敷金返還は、けっこう面倒くさいと思います。
12万円では割に合わないよな~って、CMを聞いて軽く考えていました。

案の定、最近は敷金返還のCMは聞かなくなったかな?

まあ、高利貸しの過払い金で美味しい汁を吸ってしまったら
普通の弁護士相談の仕事には戻れなくなるのか?
もともとこういうビジネススキームで立ち上げた会社なのか?
分かりませんが、こうやって対応分野を広げているって事で
この事業の将来性がないって事は誰でも想像が付きますよね。
市場は増えません。今ある市場を食いつぶしたら終わりです。

そんなことを理解したうえでか?
2年前にミネルヴァさんは倒産しました。

で、
今になって、訴訟問題が起きています。
本当かどうか?は分かりませんが、
実質上のオーナー会社がとある広告代理店で、その中心人物が元武富士の人間。
そして、高利貸し業者からひっぺがした顧客の過払い金を約30憶も持ち逃げして
会社を倒産させた疑いで、顧客より控訴されているとの事。

この広告会社はいわゆる「整理屋」との事だから、まあ反社みたいなものでしょうけど。

それにしても・・・・・
本当に元武富士の人間なら、
過払い金の相場感や利用者人数やその手の事には詳しいはず。
別に当時は違法って訳ではなかったにせよ、高い金利で儲けていた訳です。
名古屋に住んでるときに、高利貸しの会社に勤めていた友人がいまして、
その彼が、「この世で一番汚い商売が高利貸しだわ」って言ってました。
銀行で普通に融資を受けられない人にお金を高利で貸して、取り立てる。
取り立ての方法も・・・・まあドラマで見る様な皆さんの想像通りのやり方だそうです。
利用する人も、まあギャンブル依存症とか働けるのに働いてないとか、酷いみたいですが、
本当に色んな事情があって仕方なくって方もおられたそう。
当時はふーんってあまり深く考えてませんでしたが、いま考えると
酷いビジネスモデルですよね。その取り立て方法がスキルとして蓄積されて
そのスキルアップで昇給するんだもん。

お金に困ってる人にお金を貸すってのは、一見人助けに見えますが
中の人が「この世で一番汚い商売」って言ってるんですから、まあそうなんでしょう。

法律事務所さん。
こちらも一見人助けです。正義のミカタです。
短期集中ビジネスモデルとしては凄いですよね。
で、いつか破綻するのは目に見えていて
案の定、整理屋に乗っ取られてお客さんに返還しなくちゃいけないお金を30憶も持ち逃げされて。

その持ち逃げしたのが、元高利貸し。

なんか本当に最低な話です。

そんなに汚れてでも金が欲しいか?

それでも人か!

どいつもこいつも。

以上、憤ってます。
ただただ腹が立ったことを書いたブログでした。

人に会って、話をして、考える。

ファッキンコロナが今度は超ファッキンオミクロンになって
猛威を奮いだしましたね。
感染力は格段に上がったけど、重傷率や死亡率は下がってる。
これはウィルスの正常進化のカタチですよね。
SARSやMERSなどを見ればわかります。
ウィルスは媒介である人間が全滅したら
自分も全滅しちゃうので困っちゃうわけです。
なので、共存の道を探すべく進化して、感染力は高いけど
媒介である母体への影響を抑えていく。
進化のスピードは恐ろしいものがありますが、正常進化です。
恐れる事はありません。

みなさん、テレビの情報をうのみにしすぎです。

本当にファッキンなのはコロナウィルスではなく、
なんだかあっちよりなテレビ局かもしれませんね。

ぼーっと生きてると、テレビやラジオから入ってくる情報しか
自分に届いてきませんよね。

いまだに「テレビで言っていたから安心」「テレビで紹介されたから安心」
って本気で思ってる人が、結構な割合で居る事に驚きを隠せません。
あんなのお金を出せば幾らでも紹介してもらえますし、
あっち系の情報操作フィルターがかかったモノしか流れてきません。

どの情報が「本物」なのか?
自分で判断する力をなくしているのが今の日本の国民です。

そういう意味で言うと、本当に本当にファッキンなのは
自分で考える力をなくした私達日本人なのかもしれません。

「テレビで言っているから」「みんなやってるから」「そういう世情だから」
「なんかそんな雰囲気だから」
同調圧力とも取れますし、考えたくないのかもしれません。

テレビの情報は信用していないよ!
youtubeでいろいろ見てるし、twiiterとかfacebookとかinstagramとか見て
色んな情報を取り入れてるよ!
って方もおられると思います。

もちろん私も上記のメディアはよく利用しますし、
そこから情報を得ています。

しかし、すべてのSNSも完全に情報操作されています。
#(ハッシュタグ)なんてその最も象徴的なものです。
自分の検索履歴やいいねやフォローの傾向を各SNSのAIが見て
自分が好みそうな情報のみタイムラインに流す様になってきます。
そうすると、よっぽど自分から色々な検索方法で探していかない限り
SNSに流れてくる情報は自分がそうだよね!って思える情報しか流れてこなくなります。
しかも、会った事も直接話した事もない人の情報です。
本当に相手が日本人か?
はたまた本当に人間なのか?
すら実際に確認できていない(人)の情報を!

情報を発信するのも人間ですし、それを受け取るのも人間。
伝えていくのも人間です。

皆さん、人と話をしていますか?

新しい人との出会いは今週何回ありましたか?
今週何人の方と名刺交換しましたか?

新しく出会った人と話をすると、その人の考えが分かります。

もちろんその人が「自分の考えを持った人」という前提ですよ。
テレビやSNSが全世界だと思ってる人同士が出会っても
「いやな時代よね~」っていう井戸端会議で終わっちゃうのでダメです。

自分の考えを持っている人は、その意見が自分と正反対であっても
学びや気付きやモヤモヤが残ります。

これは凄くいい事で、その後「考える」ことが出来るからです。

相手は、生身の人間です。その表情やしぐさなども含めて
情報は入ってきます。

その方が、その考えに至った背景まで感じ取れてくると
また違います。

ちょっとした行間、ぽろっと出た一言、うーん・・・と考えてから出た言葉。
こういうのは生だから感じ取れます。

このブログもそうですが、
私がタイプしたこの一行。
これは悩んで悩んで書いたのか?
勢いでどんどんタイピングしたのか?
それとも修正を重ねて出来上がった一行なのか?

そういう事は分かりませんよね。
もしかしたら、実は私が書いてないかもしれない!
AIキムラロボットが私の思考の志向を予想して
今週はこんな記事を書くだろうなって計算して
勝手に書いた文章かもしれない。

北朝鮮の総書記さまなどは、本当はもうこの世にはいなくて
テレビに映るあの姿は影武者かCGで政策はAIが決めてるのかもしれない。

でも、
対面して会って話をしていれば、
それが全て分かるじゃないですか。

色んな人と会って、話をして、考える。

思考を豊かにするには、これしかないって思うんです。

そう考えると・・・
当社の事務スタッフとか
新しい出会いはあるかな?

家族を含めて、うちの社員、取引先・・・
一週間で話をする人間は毎日変わらないのではないかな?

 

ひと月に新しく出会う人が一人の人と
毎週一人と出会って話をしている人とでは
一年に換算すると、
12人 対 48人

もしも、毎日新しい人と出会えたなら
一年で365人と話を出来る訳です。

12人と365人

もしも、一年間新しい人との出会いが全くなく
テレビやネットからしか情報を得ない人と比べると
思考の豊かさは格段に変わるでしょう。

コロナとかいろいろ面倒くさいけど、
やっぱり人に会おう!

できればマスクはない方がいいですよね。
表情が分かる。
目だけでは本当に分からない。

マスクが常態化する社会に、豊かな思考は産まれないと思います。
マスク社会に未来はない。

どうも、情報操作をして
思考停止した日本人を大量生産したい勢力があるんでしょうね。

という事で、どんどん新しい人と会って話をしていきましょう!

あ、そういえばちょうどいいイベントが近々あります。

デザインフォーラムを開催します!

商空間デザインやディスプレー空間デザイン、サインデザインの各団体の昨年の最高賞を受賞された3名を富山にお呼びします。
いわば現段階での日本のトップデザイナー3名です。

その3名さまの受賞作品がいずれも「地域コミュニティ空間」に関わる内容ってのも時代を反映しているなって思いました。地方都市の近々の課題が浮き彫りになっています。

おかげさまで募集を開始して一週間経ってませんが40名以上の方から申し込み頂いております。

県議会議員の方、富山市未来共創会議メンバー、富山大学、金沢美術工芸大学、金沢工業大学の学生さん、富山市内の高校生、遠くは岐阜県飛騨市で地域教育支援をしておられる方など、
建築やデザインに興味がなかった層の方からも申し込み頂いており、この「地域コミュニティスペース」というものがいかに皆さんにとって課題感があるか?興味があるか?が伺えます。

一応、ファッキンオミクロンの対策もあるので定員を70名とさせて頂いております。

興味のあるかた、ぜひお早めにお申し込み下さい

という事で
フォーラムへの参加を促す壮大なステマブログでした!!

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます
昨年は大変お世話になりました

なんだか今年のお正月は
例年と比べてあまりお正月感がないまま過ぎた印象です。

もちろん気を新たに!
って思いはありますが、
正月だからって、改めて新しく何かを始めた訳でもなく
新しく何かを考えた訳でもなく。

昨年から意識的に続けている事(読書、筋トレ、etc・・・)
はもちろん継続的に続けているし、
昨年に、「来年やる!」って決めた事を
考えながら、検討しながら、粛々と進めています。

お陰様で昨年吹っ切れまして。
自分が良いと思ったことを進めよう!
と自信がつきました。

粛々と進めます。

年末に
当社でリニューアルの施行をさせて頂いたバルのお客様のところに
顔を出させて頂きました。
あ、このお客さまは10年前の初出店以来のお付き合いですね。

中におみくじが入ってるお菓子を
年末特別で頂きました。

来年(2022年)を占うおみくじだそうです。

普段はおみくじって引かないんですが、
特別って言われたら、引かずにおれないですよね。

 

との事。イェーイ。
今年は自信をもって生きたいと思います。

今日は1月7日
2022年はまだ始まったばかりのはずですが
まだ一週間しか経ってないの?ってくらい長く感じます。
一日一日、一分一秒を無駄にしないように過ごしている証拠かな。

普段は休みはあっという間に感じますが

日々、何かを得られる様に。
日々、ちょっとでも成長出来る様に。

考えながら、疑問を持ちながら、
でもワクワク楽しみながら行きます。

皆さま、本年も宜しくお願いします。

ノーサンキュー

12月はお酒や食事の機会が増える時期です。
オミクロン株っていう新しいやつもジワジワと出始めていますが
コロナさんも落ち着いてきて、
呑む機会は昨年と比べるとかなり増えました。
(増えましたというか昨年はゼロでしたから、増加率は100%です)
とはいえ、コロナ前と比べると3割減って感じですかね。

お酒を呑む回数が減る事は、肝臓や体調には良い事なのですが
人との出会いや、既知の人とでも会話の中で新しい気づきや発見は
呑みながらの事が多いので、人間的には吞む機会が多い方が圧倒的に良い。

呑んでなくてももちろん会話の中で良い気づき等ありますが、
呑んでる方が、初めましての方とも早く打ち解けたり、
本音トークで、気づきが多かったり。

そして、今年は私の意識が変わったのか、吞みながらでも
「あ、これは大事な事だな」とか「あ、このリアクションはなんかあるな」
と感じたり、そういう事をしっかりと覚えていたりしています。

コロナ前は、人と呑めるって事にそこまでありがたみを感じていなかったのでしょう。

今は、いろんな人と呑めて、話が出来る事がありがたく
ただ楽しむだけでなく、せっかくのこの時間を大事にしよう!
って、無意識で考えているのかもしれませんね。

もちろん楽しむときは思いっきり楽しみながら吞んでますよ。

 

9割方経営者のメンバーで呑むので
ほとんどがそういう話になります。

経営者とひとくくりに言ってもいろいろです。
前向きな話が楽しく、明るい未来が感じられる仲間もいれば
現状維持、節税・・・  将来を悲観している方もおられます。
人間なので人それぞれ色々なのは当たり前ですが、
改めて、どういう方と呑んだ時が楽しかったか?学びが多かったか?

帰り道で思い返して本当に良く分かりますね。

呑みながら話をしていて、
進む方向が違うなあって方に、ちょっと私の考えを話したら
否定される事があります。
「それは違うね」
です。

いやいや「それは僕の考えとは違うね」ならまだ分かるんですが
「それは違うね」ってなんやねん。

あなたは何様ですか?って話ですよ。

違うか?
違わないか?
なんて、誰が分かるんですか。
あからさまに法律やモラル違反しているなら「違う」ではなく「禁止」なのです。
そうでなくて、ひとそれぞれ方向が違うのは当たり前です。

自分の中の正解に向かって進めばいい。
正しいか?正しくないか?は自分が決めればいい事なのだと思います。

いろんな人とのかかわりの中で、
新しい発見があったり意見を聞いたりして、自分の方向が少し変わったりすることはあります。
なので、意見の言い合いは物凄く良いと思うんです。

「自分はこう思うよ」は大歓迎!!
「あたたのその意見は違うよ」はノーサンキュー!!

まあ
意外とそれを我慢して話を聞いてみると、勉強になる事も、たまにはあるので
出来るだけ聞くようにはします。
そういう方の場合は、意見の言い合いにならずに、
一方的に持論を展開されます。

私が意見を言おうとしても、「いや、それはね・・・」
と結局すべてを聞かずに、持論になるんです。

申し訳ありませんが、情報を吸収して勉強出来てるの
私だけでして、その持論展開さんは何一つ新しい事を吸収出来ていません。

意見の言い合いなら、お互いに勉強になるんですけどね。
そして、一方的な話よりも議論を通した内容の方が
もっと良い気づきや学びになってると思います。お互いにね。

だとすると、やっぱり「いや、違うよ」はノーサンキュー。

人のふり見て我がふり直せ

自分もそうならない様に気を付けていこうと思います。

ホンダF1 有終の美を飾る

一週間があっという間でした。
え?もう日曜日?ってくらい
本当にあっという間。

今週もいろいろと気づく事や考える事がありまして
本当は今週のブログは
「高い意識、良い行動を 当たり前やスタンダードにする」
って感じの気づきがあったのですが

今回くらいは2021のF1最終戦の感動を書いてもいいのでは?
いや、今書かなくていつ書ける? これは書くべきだ!
と思いまして、
今日はF!の話です。
全く興味のない人も、すいませんが最後までお付き合いください。

まず、皆さん。
F1にホンダが参戦している事をご存じですか?
初期の参戦とは違い、エンジンサプライヤーとしてエンジンを供給しています。
有名な1980年代のセナ・プロスト時代。
マクラーレン・ホンダとして年間16戦中15勝という物凄い強さを誇っていました。

そして2015年から再びホンダがF1にエンジンを供給しだしました。
最初は80年代にタッグを組んで成功したマクラーレンチームと出場
しかし、今のF1の開発競争はかなり厳しい世界です。
なかなか勝負の出来るエンジンを造れず・・・
すぐ壊れるし、壊れないように出力を絞ると遅いし・・・
当時のドライバーのフェルナンド・アロンソから「まるでGP2のエンジンだ!」
と罵られる始末。
※GP2とは今のF2の事で、1ランク下のクラスのカテゴリ。それくらい遅いって事でしょう。

チームともうまくいかずに、結局3年でマクラーレンと離れます。
そこへ「一緒にやろう!」と声をかけたのがチーム「トロ・ロッソ」
レッドブルレーシングチームの傘下のチームです。

このチームのおかげでホンダはまた生き返りだします。
もともと、レッドブルというトップチームの下位のチームという位置づけ(と決めちゃうと失礼ですが)なので、
新人ドライバーの育成などを買って出るところがあります。
トロロッソで若手新人が起用されて、そこそこの成績を残すと上位のレッドブルに昇格する
という雰囲気。
そのチームでホンダはどんどんとエンジンを良くしていきます。
データの共有やフィードバックやコミュニケーションが凄くよくできて
一緒にマシンを良くしていこう!という意識がある「仲間」になれたのでしょう。
後からホンダ関係者が語ったところによると、マクラーレン時代はそうではなかったようです。
君たちは良いエンジンを提供するのが仕事だろう!なんでそんな事も出来ないんだ!
という雰囲気だったとか・・・(あくまで雰囲気ね。こんな発言があったかどうかはネット記事でも読んでくだされ)
この話だけでも
良い結果を産むのはスキルや技術だけではなく
仲間との信頼や関係性が重要だと感じられますよね。

そして、ちょっとづつ信頼を取り戻してきたホンダエンジンを
レッドブルレーシングが採用します。
ホンダはレッドブルとアルファタウリ(トロロッソがチーム名を変更)の2チーム体制となりました。
データやフィードバックも多くなった事もあったでしょう。
一気にトップ争いが出来るエンジンサプライヤーに成長しました。

今年に関してはレッドブルチームとマクラーレンチームとでは
全く勝負にならないくらいレッドブルホンダが強いです。
ざまみろ!マクラーレン!という人もいますが、
6年間の経験の積み重ねも大きいと思います。
マクラーレン時代の真っ暗だった3年間は無駄ではなかったでしょう。
そう考えると、「強くしてくれた」とマクラーレンにも感謝ですよね。

 

さて、
近年のF1
実はメルセデスチームが7連覇
そのメルセデスのエースドライバーのハミルトンが7連覇
と、チームとしてもドライバーとしても
一強の状況が長く続き
正直コンペティションとしてはあまり面白くないカテゴリでした。
そんな中、レッドブルチームはエースドライバーのフェルスタッペンの
相棒としてセルジオ・ペレスを迎えて、
今年こそチャンピオンをとる!という意気込みで臨みます。

ちなみに、F!は1チーム2台が出走します。
全10チーム 20台 20人の世界のトップドライバーが競います。
世界中に何万人といるレーシングドライバーのトップ20人です。

忘れていけないのが、その20人の中に今年は日本人がいる事!

一番背のちっさいドライバーがいますね。

角田祐毅くん。21歳
アルファタウリホンダチームから出走です!

まあ、多少ホンダの根回しがあったかと思いますが
昨年F2で結果を残していますし、若手育成の面でも素晴らしい事!

また、ショッキングなニュースも開幕前に飛び込んできました。
ホンダが今年いっぱいでF1から撤退するという事です。
世界のトップで戦い続けられる技術開発は、かならずその企業を成長させることは間違いありませんが、6年も経つと企業経営の方向性が変わる事も仕方ありませんかねぇ・・・
ホンダは今年、市販車でもNSXやS660というスポーツカーの生産中止を決定しました。
スポーツカーの方向性ではなくなったのかもしれません。
(これも本当にいろいろな見解があります。ググってみてください)

そして、レッドブルチームはそんなホンダに感謝と敬意を表して
今年のマシンのリアウィングに「HONDA」のロゴを大きく入れます。

皆さん!
これって実は凄い事で!
F1のリアゥイングって実は物凄いスポンサー料を稼ぐ部分で
ここに企業の名前を入れるのには1シーズンで何億って言われています。
しかもチャンピオン争いが出来るトップチーム!
その一番の稼ぎ頭の面を、敬意を表するからってホンダにしたんです!
レッドブルチームがホンダ最終年に本気で一緒にチャンピオンとりに行く!という意気込みを感じました。
胸熱です!!

そんな大きな期待を胸に始まった今シーズンのF1です。
ちなみに上の写真はレッドブルF1チームのトラックサイドスタッフ
しかしチームのメンバーはこれだけではありません。
むしろこの人数は一握り。
サーキットに帯同できるスタッフは2割くらいだと聞いています。
レースウィークの間、ファクトリーでパソコンとにらめっこしながら
遠い国のサーキットを走っているマシンから来るデータを見て解析しているエンジニア。
レースからレースまでの間、ファクトリーに戻ってきたマシンをバラシてセッティングしなおして
メンテナンスするメカニック。
チームにもよりますが700人~800人くらいの人数がF1の1チームに関わっているとの事。

まさに総力戦!
なんかレースってドライバー1人の力の差で左右されるって思ってる方が多いです。
もちろんドライバーの力も大切ですが、チーム全員の意識と協力がないと、絶対勝てない競技です。
優れたドライバーはチームスタッフとのコミュニケーション、心遣い、レース中の無線のやりとり一つをとっても違います。リーダーとしての人間性も備わらないと
一回は勝てるかもしれませんが、長く勝ち続けられません。

レースは団体競技なんです!

 

さて、超長い前置きを終えまして。
※今までが前置きかい!!
今年のレースの流れをお話します。

個人的には全チーム大好きだし
全ドライバーが大好きです。

しかし、今年はぜひホンダに勝ってもらいたい!
7年連続王者のハミルトンも好きですが
F1というカテゴリをもっと盛り上げるためには
強いライバルが必要です。
また、ホンダのラストイヤー。
また強いホンダF1を観たい!!
という事で、
今シーズンは全22戦を全部生放送で観戦しました。
時差の関係でAM2時や4時からスタートするレースもありましたが
予選、決勝のすべてを生で観ました。

昨年まではメルセデスのハミルトン1強で2位と大差をつけて
最終戦前にはチャンピオンを決めてしまって
最終戦なんて消化試合の様相でした。

しかし、今年はレッドブルのフェルスタッペンと
メルセデスのハミルトンが
一進一退の攻防。シーズン中、レースを重ねる過程で
シリーズランキングが二人で入れ替わるという近年まれにみる接戦!
楽しい!!

毎レース1ポイントの奪い合いで、いつもは余裕の風格のある王者メルセデスが、全力でやってるんです。そんな王者が必死で挑んできているなか、レッドブルホンダが全く互角の戦いをしている!

ホンダ かっこええ!

気持ちとしては全日本人が応援してもいいのに!と思っていますが
まあ、そこは我慢して。

アルファタウリホンダの角田くんも、デビューレースでは
いきなり9位入賞!という結果を残して、スゲーやつが来た!
と噂になりましたが、その後は流石のトップフォーミュラカテゴリ。
ルーキーにそうそう甘い訳がない。
マシンやレーススケジュールやレギュレーション、流れをつかむまでに
少々時間がかかりました。
しかし後半は本当に伸びてきて、良い結果を残せるようになってきました。
最初の数戦はクラッシュしてリタイヤが多かったのですが
後半は本当に安心して観ていられるようになりました。
物凄い成長しています。

最終戦手間の4レースまではレッドブルが優勢で
ランキング1位のフェルスタッペンと2位のハミルトンの間に14ポイントの差がありました。
このまま優勢を保ったまま最終戦まで行ってくれー!
と毎レース毎レース、夜中に起きて祈りながらレースを観ていました。

ところがそこからの3戦、メルセデスが追い上げを見せます。
なんと、フェルスタッペンとハミルトンが同ポイントで並んで最終戦を迎えるという
マンガ?映画?ドラマ? 誰がこんなシナリオ書いてるの?ってくらいの事態になりました。
70年続くF1の歴史でも2回目の大事件! こんな形で最終戦を迎えるって!
ありえない!!
こんなドキドキしてスタートを待ったレースはなかなかないです。

正直、この辺になると、フェルスタッペンも意地になってたのか
際どい動きをして、加算ペナルティがあったり、
どちらのチームも0.001秒をいかに縮めるか?
1ミリでもライバルチームの前でゴールするか?
全チームスタッフ、監督の采配、ドライビング、タイヤ選択、セッティング、タイヤ交換
最高のパフォーマンスを求められます。

予選で1秒差ってのは、話になりません。
0.5秒差でもアナウンサーは「大差」と表現します。
マジで0.01や0.001秒を競ってるんです。

さて、そんな中始まった最終戦アブダビGP

丁度一週間前の日曜日 PM10時スタートでした。
予選1位はフェルスタッペン 2位はハミルトン
タッペン(勝手な愛称)の相棒ペレスは4位
ハミ(愛称)の相棒ボッタスは6位
なんと角田くんは8位!
ここ最近は予選でトップ10に入ってきてたし
本当に成長しました。
しかもこの最終戦ではチームメイトでアルファタウリのエースドライバーのガスリーよりも全セクションで上回るタイムと結果に!
本当に素晴らしい事です。

チャンプ争いをする2チームはチームメイトの働きも大事でして
例えば、予選の時は、ペレスがタッペンの少し前を走りトー(空気抵抗)を無くしてあげて
0.2秒ほど速く走らせてポールポジションを獲得させたという事があったり。
以前のレースではピットインして少し後方に下がったタッペンをハミの相棒のボッタスがピットインのタイミングを遅らせて、一時的にタッペンより前のポジションをつくり抜かせない様に猛烈ブロックをしてハミを助ける。
など、実はレース中もチーム内、ドライバーどうしで助け合って、チームタイトルやエースドライバーのチャンピオン獲得を狙ってます。

レッドブルホンダの2名がメルセデスの2名に対して各々の前からスタートできるってのは
かなり良いです。

いざ、スタートして!!
いきなりタッペンはハミに1週目、1コーナーで抜かれました・・・


1速、2速、3速のギアで軽くホイールスピンさせてしまって
0.02秒ほどタイムロスしたとの事(のちのWednesdayF1time!という番組でそう解説してました)
スロー映像じゃなければ分からないくらいのほんのちょっとのホィールスピン。
流石のタッペンも初優勝を前に緊張したのでしょう。
なんだかんだ言ってもまだ24歳ですからね。

タッペンは予選中のちょっとしたミスでミディアムタイヤを使えなくなってしまい、
ソフトタイヤでスタート。
ソフトタイヤは柔らかいのでスタートのグリップは良いのです。
しかしその肝心のスタートでミスった!
そして柔らかいタイヤは減りが早く、ちょっと固めのミディアムタイヤのハミにどんどんと差を広げられてしまいます。

タッペンの相棒のペレスは3位に上がっていました。

下位チームのクラッシュにより全コースイエローコーション(クラッシュしたマシンをコースから撤去する間、追い越し禁止なので周回遅れとかの遅い車に追いついても抜いてはいけず、レースペースが遅くなる)になった時にタッペンはピットインしてタイヤをハードに交換しました。
F1はレース中必ず1回はピットインしてタイヤを交換するというルールがあり
しかも同じ硬さのタイヤだけで決勝を走る事も禁じられています。
早めにタイヤ交換して残りの長い週数を固いハードタイヤ(摩耗が少なくライフが長い)で走り切る作戦に変更したわけです。
イエローコーション中ならみんなゆっくり走ってるから、ピットインで順位がぐんと落ちる危険性もすくないです。
すると、すかさずハミもピットに入りハードタイヤに交換。
タイヤを変えなかったペレスの後ろにてコースに復帰しました。
一時的に
1位 レッドブルホンダ ペレス(タイヤ未交換のソフトタイヤ)
2位 メルセデス ハミルトン(タイヤ1回交換 新品ハード)
3位 レッドブルホンダ フェルスタッペン(タイヤ1回交換 新品ハード)
という順位になりました。
ペレスのタイヤはソフトでもう摩耗が激しくズルズルだったのですが
なんとここで新品タイヤの王者ハミルトンを果敢な走りでブロック!
1周以上はブロックしてたかなあ。
いやー ペレスには鳥肌が立ちました。
一回抜かれてもまた抜き返したり。
長くタイヤを持たせたいハミに対して、随分と無理な走りをさせて
ハミのタイヤのライフを減らす役割も果たしました。(これが最終周に効いてきます)
まあ、最後はもちろん抜かれましたが
ここでタッペンとハミのタイム差を一気に10秒近く縮める事に成功しています。

もちろん次に来るタッペンには無理なくすぐに譲りまして、
自身もピットに入りタイヤをハードに交換です。

えー なんかずるい!とか思うかもしれませんが、これがチームプレー。
現代のF1です。
過去は同チームでチャンピオン争いをして、チーム内で仲が悪かった事例も
いっぱいありますが、今のF1はそれをやってたらどちらも勝てない!
って事が起きるほど、総力戦となります。
なので、第1ドライバー、第2ドライバーって感じで分けて動いています。
ペレスだってもちろん自分もドライバーだから勝ちたいし、勝負したい!って
思いはあるでしょうが、ここはチームや仲間のために、何が出来るか?
をきちんと分かって動いています。
ホンダがチャンピオンになった時に、皆と喜びを分かち合う事に
ワクワクや楽しみを感じているはず。共通の未来を目指す仲間は最高のチームですよね。

そんなペレスの胸熱ドライビングの時に、ライバルチーム、メルセデスのハミの相棒のボッタスは何をやっていたか?と言うと
なんと、8位スタートだった角田が6位スタートのボッタスを抜いて
ずっと6位のままボッタスをブロックし続けていました!!

セカンドドライバーのボッタスとは言え、王者メルセデスのマシンです。
対して角田はチームもレッドブルのセカンドチーム。
マシン性能も差が大きいはず。しかも角田は何といってもルーキー!!
マシンセッティングや特性もどうしてもファーストドライバーのガスリー合わせになり
色々と難しい条件で走っている日本人の角田が日本のホンダのエンジンを積んで
メルセデスを抑え込む!!
しかも、かなり長い事抑え込みまして、
残念ながらボッタスは、上位に行けるチャンスを失いハミルトンのカバーができないところまで追いやられました。

これも胸熱でしたねー!

本当にホンダの総力戦!!!

角ピー(愛称)かっこいい!! 最高!!

 

 

さて、同じ条件のタイヤでハミとタッペンは走っていますが
コース特性上、メルセデスの方がペースが速く毎週コンマ3秒くらいずつ
2人の差が開いていきます。

(火花が散っているのは故障ではなく、極限まで下げられた車高によりちょっとした段差でシャシーがこすれるから。これがかっこいい!!)

 

さあ、のこり10週を切ったところ。
二人ともタイヤがだいぶんすり減ってきて厳しいけど、このままいけばハミの優勝。
チャンピオンもハミになるかな?
とあきらめかけたその時!
事件は起きます。


下位を争っていたウイリアムズチームのラティフィが単独スピンでクラッシュ!
ここでまたイエローコーションが入り、追い越し禁止!

ここで、レッドブルレーシングは「賭け」に出ます。

なんとタッペンをピットに入れて
新品のソフトタイヤに交換!
※アブダビ戦のタイヤ交換画像が見つからず・・・違うレースの時の写真です。

今やF1のピットでのタイヤ交換は2秒台ですからね!
確かこの時もレッドブルチームは2.1秒という驚速のタイヤ交換だったと記憶しています。
チームのメカニックも凄い!
こんなシチュエーションは絶対緊張するよね!!

ここで残り確か9周とかだったかな?
ソフトタイヤの方がグリップがいいので速く走れます。
その代わりライフが短い。
このまま同じ条件のタイヤで残りを走っても、どうせ勝てないなら
一か八かにかけよう!ってなったんでしょうね。
どっちにしろ2位です。
1位以下はまったく同じ!失うものはない!って感じでしょうか。

そうして、ハミとの間に大きな差をつけてしまってコースに復帰したタッペンでしたが
ここでもう一つの事件が起きます。

セーフティカー導入です!!

セーフティカーとは、意図的に先頭車両の前に車を入れて
ゆっくりなスピードを維持させます。レーススチュワード(審判員)は、ラティフィのマシンの撤去はイエローコーションでできたけど、壊れたクラッシュバリア(クラッシュの衝撃を緩めるスポンジの壁)の修復に人がたくさんコースに入るから危ないという理由でセーフティカーを導入を決定しました。

するとね、
差が詰まるんです。
差を詰めていいんです!!!

あんなにあったハミとタッペンの差がゼロになるんです!!!

まあ、周回遅れの車両をどうする?
とか、メルセデスチームからの抗議とか、このセーフティーカーの数周の間に
色々とありましたが💦
この辺は調べてみてください。
多様に政治的なやりとりもあり、複雑です。

しかしテレビの前の私達は
セーフティカーと聞いた瞬間に叫んでガッツポーズでした。
(もちろんイエローコーションの段階で椅子からは立ち上がってます)

勝てる!!!!!

ハミは使い古したハードタイヤ
タッペンは新品のソフトタイヤ

どちらも新品だったとしても1周の速さはソフトに分があります。

イヤー
この数周はドキドキしました。
そして、
なかなかウォールの修復に手間取り・・・・
なんと、セーフティカーが退場してレース再開になったのは・・・・

最後の1周!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ありえます?

年間22戦を戦ってきて
同ポイントで最終戦を迎えて、
そしてその年間チャンピオンが最後の1周で決まる!

そして、前はハミルトン。
もちろん前から再スタートは有利で、抜かさせなければチャンピオン。
しかも7連勝中の絶対王者!
そのゼロ秒 すぐ後ろはフェルスタッペン。
24歳若手ドライバー筆頭の成長株!
しかもタイヤは新品のソフト!!

ホンダのF1参戦第4期のラストイヤー
ホンダ挑戦6年間の集大成が、

この1周にかかってる!!!!

 

本当にこんなドラマ!
だれがシナリオ書いているんでしょう!!!

最後の1周
日本時間では夜中の23時を回っていました。
娘と二人で1周の約1分30秒

叫びっぱなしでした。
本当に近所の方、申し訳ありませんでした。

日本中が叫んでたんじゃないの?
絶対、日本中が叫ぶべき1周でしたよ。

https://youtu.be/0MVbz9WEU0o

と、いう事でここに最後の1周の動画のリンクを置いておきます。
一緒にフェルスタッペンのレッドブルチームのメンバーの様子が映ってるバージョンです。
同じ時間の木村家もまさにこれと同じでした。
できれば音ありで観てください(^^)

イヤー
今観ても感動するし、ドキドキするし、
ハラハラするし、泣けてきますね。

奇跡の逆転チャンピオン!!

チームのエンジニアやメカニックの方々も
世界中から集められた世界でトップの精鋭たち。
ゴンゴンの筋肉にタトゥーだらけの腕した
いかつい大人が、あんな子供のようにはしゃいで
最高ですね!

そして、ゴールした後、タッペンは無線で
チームのみんなに感謝の言葉をかけるんです。

本当に、本当にちょっとの差で手繰り寄せたチャンピオンの栄光
その時に最初に出る言葉が「thank you! guys!」
泣きながらありがとう!って叫ぶんです。

やっぱり、一人では到達できない事をわかって
皆で喜びを分かち合う。

スポーツの感動って最高ですよね!

パルクフェルメで車から降りて
タイヤの所でうずくまるタッペン。

これも印象的でした。
チームプレーとはいえ、
全てのプレッシャーを背中に背負って走ってきたのです。
その「世界一」への重圧は半端ないでしょう。
しかし、それに向かって挑戦する、挑戦できる人でしか味わえない重圧と
そしてこの喜び。
全てがこの車を降りた瞬間に出てきたのでしょうね。

泣きました。
私が。

そして、ハミルトンは表彰台でタッペンをたたえます。

今年、この二人はいろいろあったんですよ。
正直ダーティなやりとりもたくさんあったし、
戦略なのか?レース以外でのやりとりも。
見てて決して気持ちのいいモノではない事も多かったんです。

それだけ、両者、両チームとの勝ちにこだわってたってことですが、
最後のこのシーンも本当に良かった。

なんだかんだ、同じ競技を戦うライバルではあるけども仲間は仲間。
事故で死ぬ事もある競技です。(最近はヘイローのおかげで減ったけど)
やはり、互いに高めあい、切磋琢磨して認め合う事が大事ですよね。

来年のメルセデスはもっと強くなるでしょう。

ホンダは会社としてはF1エンジンサプライから降ります。
そのチャレンジスピリッツには賞賛です!

来年はレッドブルが自分でエンジン開発をするそうです。
自動車メーカー以外がF1エンジン開発って初めてでは?
ただ、HRCというホンダのレース部門(主にバイクレース)が協力し続けるとの事。
きっと来年もレッドブルレーシングは早いでしょう。

角田も、最終戦は自己最高の4位フィニッシュ!
一時はボッタスに抜かれましたが、最終周に
ボッタスを抜き返しました。

もう全世界がトップ争いに夢中で、そこは全く映ってませんでしたが
角ピー ナイスファイト!
来年も同じアルファタウリからF1参戦が決まっています。

チームのメンバーで力を合わせて、目標にコミットしながら
運営をしていく。
政治的な事やお金の事など、ちょっとおもしろくない面もありますが
やっぱりスポーツなんです。

モータースポーツ!!

そして、完全なるチームスポーツ!!

どうです?
来年はF1観たくなりませんでした?

残念ながら民放局では放送しておらず・・・

私はDAZNに契約して観戦しています。

これだけ面白いんだから
またフジテレビで放送してほしいでよね!

 

 

 

まあ、かなり力が入りまして
過去最高の長文ブログになりました。
日曜の午後をこのブログ執筆に費やしてしまいましたが
今後もちょくちょくモータースポーツ布教活動をしていきたいと思います。