せかいさいしんのつうしんき

今日は、北陸新幹線が開通するという記念すべき日ですね。

50年越しの夢。 新しい北陸の始まり。
テレビでもラジオでもネットでもこの話題で持ちきりです。
かなり盛り上がってますね。
私は、ちょっと引いた眼で「ふーん」って感じです。
観光やビジネスで、確かに経済効果があるでしょう。
素晴らしい事だと思います。

しかし、本当の意味で、北陸を元気にする!と言うなら・・・

北陸に住む私達の「自力」を高める必要があるはずです。

こんなフィーバーしている今日ですが、
私は自分の日々の仕事が、北陸に住む人たちの「自力」向上に約立つ!と信じていますので、
今日もコツコツと出来る事をしていきます。

ただ、
浮かれてはいませんが、
北陸新幹線開通はやはり素晴らしい事ですね。

 

さて、
今日は先月に工事の進捗状況をお知らせしていました
小松の食パンのトントンさんのお話の続きを書きます。

 

前回のお話の記事

そう、小松で卵・牛乳を一切使わないアレルギー対応パンを作ってる
井藤さんの工場直売店のお話の続きです。

 

これもすでに先月のお話ですが。。。

前回の記事の最後にちょっとだけ紹介しました、
「どんなに予算を削ってでもこれだけはやる!」
と決めて出来上がった看板が届きました。

 

01271784bf2dcf0aa6e27e2a4da9533f16cf2c36ea

2トントラックで。

そう、この看板、大きいのです。

 

トラックから降ろされました。

010bd58cb35d6e2d0a262fe4b31ad1e5c772001c8c

 

大きいです。
しかも自立式です。
立看板です。

 

固定作業も大掛かりです。
コンクリートブロックを地面に埋めて固定します。
012ed6b89cd2a0521c6da27756b9f75090c277a1ce

大きな自立式ですから、簡単に風で倒れたりしたら大変ですから。

 

そして、ついに設置。
って、分かりましたね。この看板の「こだわり」ポイントが。

01f4f4d8b651b0ef8dc0200e352e79e06957e31683

 

 

その設置している様子を撮影する井藤社長。

01362c2d89c9c59632872f13d27dc5de0eea1464e6

 

これは、お店の看板でもありますし、
記念撮影パネルでもあります。

 

全国の卵・乳製品アレルギーのお子様を持つご家族が
ネットじゃなく、直接焼きたてのパンを買いに行きたい!と
このお店に来てくれる訳です。

せっかく遠方からはるばるやってきたご家族のみんなが、
記念に、思い出に残るように!と
打合せの中から出てきたアイデア。

私としても記念撮影顔出しパネルを作ったのは
初めてでした。
色々と試行錯誤を重ねて、問題なく完成しました。

 

井藤社長と、今回の現場監理の蓑輪君も記念撮影。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

北陸新幹線に乗って、きっとこのお店に来てくれるお子さん達もいるでしょう。
記念に、思い出になってくれると嬉しいです。

お店のホームページやブログには
オープンしてからの反応が見れまして、
私はそれを見るのが楽しみになっています。

 

そうです。
看板の事しか書いてませんが、
お店も素敵になりまして、無事にオープンしました。

 

まずは、大きな記念撮影看板がお出迎え。
けっこう目立ちます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

壁に貼ってあるメニュー看板は
お店のスタッフさんの手描きです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

温かみのある看板ですよね。

 

店内は落ち着いた色をベースにしていますが、
パンが並んでいる棚の壁はピンク色

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

トントンさんのスタッフさんはは作務衣でパンを焼いています。
「和」なのです。
作務衣や着物が似合うお店の雰囲気にしました。

 

袋売りのパン棚の後ろは作業場です。
ここの棚には焼きたてパンが並び、
外から注文をして、焼き立てパンも買えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

奥のガラス窓からは、パン工場を見ることが出来ます。
01c8e9ef32eaeb29c6d5887f0069f2bceed1182d57

工場直売店に来ていますから。
お店から工場が見れるのは絶対条件でした。

ここで、卵・乳製品を使わないパンが造られているのです。

 

そして、その窓の横にはメッセージボードが。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

「TONTONのお店に来たよ!」っていう記録を残せます。

これも打合せから出たアイデア。

すぐ一杯になりそうですが、
一杯になったら写真に撮って、壁に貼っていくそうです。

 

メッセージボード側からレジ方向を眺める。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

レジの上には、
なんとも可愛らしいペンダント照明。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ステンドグラスのセードです。
このお店の雰囲気にピッタリです。

 

 

このお店は、このほかにもちょっとしたアイデアがありまして・・・

01a08eb0be52e6ed79fe59a22fec79baa3c6af581c

会員制なのです。
会員になると割引があります。

流石に遠方のお客様だけではこのお店を維持できないでしょう。
そこで、近所の方にリピートしてもらうための、
井藤社長のアイデア。

実は最初はブロンズ会員ですが、スタンプ三つ貯めると、
次はプラチナ、次はゴールド、次は・・・

と、なって行く仕組み。

工場地帯のど真ん中、なかなか認知されない立地。

そこでリピーターを増やすためのアイデアですが、
こういう発想が素晴らしいと思います。

2割引と聞いて会員にならない人はいないでしょう。
もちろん私も会員証をもらい、パン買って帰りましたよ。

そんな感じで、無事にオープンしました!

 

 

って記事を。
本当は先週にアップするつもりだったんです。

 

そう、何も問題なくオープンしていれば。

 

オープンした次の日に、井藤社長からお電話があり、

「問題発生!問題発生!」
「お店から作業場まで、声が通りません!」
「焼きたてパンの注文が、作業場まで歩いて行かないと出来ません!」

 

という、
なんという初歩的ミス!!
恥ずかしい。

そうです。
アレルギー対応のパン屋さん。
工場や作業場にホコリなどがちょっとでも入って欲しくないと考えて
オープンな窓がないのです。

そして、売り場には袋に入ったパンしか並べません。
焼きたての裸で置いてあるパンは、衛生的な面からも作業場でしか扱わない事にしました。

 

それが仇となり。
お店から作業場まで、声が通らないのです。
よっぽど大声を出せば聞こえるでしょうけど、
お客様がびっくりするでしょうし・・・

うっかりしていました。

そこで

井藤社長からは、マイクとスピーカーを付けよう
とお話がありましたが・・・・
どうも、その通信手段がしっくり来ませんでした。
トントンっぽくない。

そこで、ちょっとお時間は頂きましたが、
当社で、現場監督の蓑輪君とあーでもない、こーでもないと検討を重ねました。

 

あーでもない。
019f15f607f87fa9c12a3fb5a8cebc58c3c271f1b8

 

 

こうでもない。
017f447a7d76f7a23162fcf57cc4e2e5ae7d5838e8

そして、
そのアイデアを井藤社長に伝えると・・・

 

「その通信手段は、お店のスタッフ同士だけでやるのはもったいない!
ぜひ、お店に来た子供達にも使えるようにしたい!」

と、
本当に遊び心を分って貰える社長です。

大好き。

 

そして本格的に、検討を開始しました。

0169864248e632760a9850964a74c286618af9475d

 

なにせ、こんな新しい通信手段を作るのは初めてです。
失敗したらどうしよう。
でも、お金もそんなに掛けられない。

またまたあーでもない。こうでもない・・・・
と準備を進めていき・・・

01e605b6750ddebca5497787f0f2978bf1db55219a

 

 

 

今日。
その「せかいさいしんのつうしんき」
を設置してきました。

 

まず一つ目は
レジの後ろ。

売り場係さん用の通信機です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完全に手作りです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

そして、作業場の中にもう一つ。

これはもちろん作業場係りのスタッフさん用

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

作業場からは、お店が見渡せます。
017170833fd64207bd43f954f705cf5bce8b05fed4

アイコンタクトしながらも、「通信」が出来ます。

 

 

そして、
これが売り場にあるお客様のお子様用

「せかいさいしんのつうしんき」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

高さもお子さんが届くように低い位置にあります。

 

この状態から、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

フタがパカっと開くんです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これに関しましては。ダクト屋さんに作ってもらいました。

図面も描きました。
笑われましたが、こちらは真剣です。

01f6294b6a15eef5cca76f057dd77c73fb8d128b02

 

使い方は簡単。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから話します。

 

ここから聞こえます。
そして、お互いに会話が出来ます。

014c903908a6f117c2e5b01fb27cca72f14096ea67

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

お店に来た子供達が、
作業場のスタッフさんとこれで会話が出来る。

井藤社長とは「ラピュタのドーラの飛行艇通信機」

これだけで通じました。
世代ですね。

 

 

上手く行くか・・・
ドキドキしましたが、
ちゃんと聞こえたので、一安心。

 

子供達が、お店に来てこれで遊んでいる姿を想像すると・・・
ワクワクしてきます。

こんなパン屋さん。
絶対に他にありません。

 

 

井藤さんはいいます。

「私とお客様はパンで繋がっているんじゃないんです。
そのパンを通じて人間として繋がっていつんです。」

素晴らしい言葉だと思いました。

 

 

卵・乳製品アレルギーのお子様を持ったご家族の方は、
トントンのパンでどんなに救われたのでしょうね。

妹がアレルギーだから、お兄ちゃんは今まで妹に気を使い
妹に隠れてパンを食べていた。
それがトントンのパンなら家族みんなで美味しいパンが食べられる。

 

そして、
こういうご家族が日本全国からパンを買いに小松まで来る。

いや、
ただパンを買いに来るんじゃないんです。
井藤社長に会いにくる。

そして、このパン工場は、そういうご家族にとって
いわば「聖地」みたいなものなのでしょうか?

うーん。聖地は言いすぎかな。
せめて「観光地」?

なら、

せっかく来たなら、楽しい思い出を作って帰ってもらおう!

 

という目的で作られたお店です。

 

今回は、最初の打合せの段階から、
最後のトラブルの対処方法まで、
その「目的」に則って
そして何より「楽しく」仕事させて頂きました。
そしてワクワクもさせて頂きました。

 

これから、
きっとトントンさんのホームページやブログ
フェイスブックページで
このお店に来たご家族やお客様の写真がアップされていくと思います。

楽しみです。

 

これで、
今回の食パンのトントン 工場直売店のお話は終りです。

 

が、
井藤社長のお話は
この先もどんどん大きくなって、
きっとまた楽しいエピソードが聞ける事でしょう。
夢のある漢ですから。
そして、出来ればそのエピソードに今後も私達は関われたら嬉しいです。

本当にありがとうございました。

0180d7a6ee0352354f3be27ff42bd75bffd71e241a

 

食パンのトントンのホームページ

食パンのトントンのfacebookページ

せかいさいしんのつうしんき」への3件のフィードバック

  1. 木下 郁恵

    お疲れ様です。
    本当にたくさんの新しいアイディアをお持ちです。私自身は子供がいますがアレルギーのない子です。ただ、いとこにアナフィラキシーショックを起こすくらいの姪っ子がいまして、小学生になったんですが卵、乳特に乳に対してのほうが酷く治らなかったので一生付き合わねばなりません。兄弟4人の1人なので、家族全員が合わせています。そのためトントンさんを見つけたときは本当にうれしかったです。柔らかいパンが!その子のお母さんは手作りのパンを作っていますがま~人数が多いもんで(笑)ネットでなく焼きたてを買える。普通の子と同じことができる。一番です。仕事も保育園栄養士をしているので毎年毎年8%のアレルギー児がいる現状なので少し話の話題にさせてもらいます☆
    ラピュタ私も大好きです。斜めの横板に付けたら子供はやりやすいかも☆新しいことは楽しいですね。いつもありがとうございます。

    1. 店チョ

      木下さん、こんにちは。
      コメントありがとうございます。
      て、自分のブログじゃありませんが…(笑)

      このお店はアレルギー対応パンのお店ですが、目指しているのは「アレルギーがあってもなくても笑顔になれるパン屋」です。
      ご兄弟みなさんで、「おいしそう〜どれにしよう〜」ってお選びいただける日を楽しみにしてます。
      もちろん、せかいさいしんのつうしんきもご体験ください(*´∀`)

  2. kimurakimura 投稿作成者

    木下様 コメントありがとうございます。

    お店の看板やつうしんきなどのアイデアは私が提案して、遊び心のある井藤社長が、こんな冗談みたいな提案を受け入れてくれました。
    井藤社長は、パン作りに熱心な方で、卵・乳製品を使わないパンを通して、そうやってアレルギーに苦しむ子供達に喜んで貰いたい。という思いでやっておられます。 私も子供が大好きで、そういう子供達の「喜び」の少しでも足しになれば。と思って今回お店造りに協力させていただきました。 木下様がどこにお住まいか存じませんが、是非姪っ子さんご家族もご一緒に、工場直売店に買い物に来て下さい。
    井藤社長も喜ぶと思います。
    ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>