経歴

1975年8月30日生まれ。
1994年、富山工業高等専門学校電気工学科卒業。
1996年、北陸職業能力開発短期大学インテリア科を卒業。
東京に本社がある大手店舗設計会社「株式会社スペース」名古屋本部入社
9年間勤務し、店舗設計施工、デザイン、営業などの経験を積む。
2005年、帰郷。祖父が社長を務める株式会社トミソーに入社。
2008年、専務取締役就任。
2012年4月、代表取締役社長就任。

プロフィール

「お客様の事を第一に考えたモノ造りができているか?」

トミソーの創業社長を祖父に持って産まれましたが、
母方の祖父という事もあり、
実は二十歳まで「トミソーの社長になる」という意識は全くありませんでした。
そこで高校も富山高専の電気工学科に進みます。

二十歳の時、「トミソーを継がないか?」と先代社長から話があった時も
正直、社長というものがどういうものなのか?
全然分かってないまま返事をしたと思います。(今でもまだ全ては分かっていませんが・・・)

その後建築の知識を身につけるために北陸職業能力開発短期大学
のインテリア科へ進学。
高専、短大を二回卒業するという変わった経歴となります。
そして、勉強のために店舗設計施工の大手企業「株式会社スペース」に就職します。

スペースでは、店舗設計の基礎、デザイン、そして営業手法など
沢山の事を学ばさせて頂きました。
成績も同期の中ではトップでした。
北は仙台、南は九州まで、担当しているチェーン店様が出店される場所へは何処へでも行きました。
おかげ様で様々な都市や街で店舗を造らせて頂きました。
チェーン店と言うのは、金太郎飴と同じで何処へ行っても
同じお店を造ります。
街が違うのに、住む人や生活スタイルは違うのに・・・
同じお店を造るのです。 ちょっとした疑問はありながらも
日々の仕事の充実感と、色々な地域に行ける楽しさ、自分が設計したお店が全国で出来ていく嬉しさ。
そんな「自己満足」「利己心」で仕事をしていたと思います。
しかし、そんな日々ではありましたが、
色々な経験を踏まえながらも、生まれ育った地元「富山」はどうなのだろう?と考え始めました。

2005年、スペースでの仕事も一区切り付き。トミソーへ入社するために富山に帰りました。
スペースでの経験を活かして最初の数年は店舗設計や店舗併用住宅のデザインをしていました。
スペース時代は個人のお客様の仕事はほとんど手がけていませんでした。
個々のお客様に合わせる設計。
個々の地域、町、方角、業態、客単価、そしてそのお店に立つ人。
「お客様の事を第一に考える店作り」
を本気でやっていかないと。 個人のお客様のお仕事はやっていけません。
金太郎飴のお店造り、自己満足のお店造りでは、ダメなんだと。
痛感しました。

しかし、
本気でお客様の事を考えて取り組んでお店造りをすると、
お引渡しやオープンが楽しみになって来る事も分かりました。

チェーン店の時代は、「お引渡し」が恐怖でした。
クライアント企業様の社長チェック。時間がない中でのやり直し。
ビクビクしながらお引渡しをしていました。

しかし、それは「本気でお客様の事を考えたお店造りに徹していなかったのでは?」
と今では考えます。

そうです「利他」の心で仕事をする事が必要だったのです。

今では、お引渡しやオープンが楽しみで仕方がありません。
なぜなら
「お客様の笑顔が見られるから」
トミソーにて仕事をしていく中で、
素晴らしいお客様と出会い、素晴らしい体験を数多く経験させて頂きました。

そして、その思いは家造りも共通します。
2008年に加盟した夢ハウスグループ。
同じ思いで家造りをしている会社と出会い、その思いを引き継ぎ
富山にて「お客様の事を一番に考えた家造り」を進めていく中で
やはり、沢山の素晴らしいお客様と出会い、沢山の素晴らしい経験をさせて頂きました。

富山に根付き、富山の皆様に愛されて仕事をしていくためには
「お客様の事を第一に考えたモノ造り」
をしていかなければ!
確信しました。

2012年、先代よりトミソーを引き継ぎ、社長に就任しました。

富山にて60年も続いた会社を継ぐに当たり、
もう一つ目標が出来ました。

トミソーを育ててくれたのもこの富山の地です。

まず富山の皆様に愛される会社になる事。
そのためにはやはりお客様第一主義に徹すること。
それを、モノ造りを含めたトミソーが提供させていただく全てのサービスにて行う事。

そうやって、頑張って商売繁盛されるお店が増え、
本物の家造りにより健康で幸せな家庭が増え、
富山の皆様が元気になる。

日本を元気にするためには、
私達が住む富山の様な地方の一人一人が元気になり、
地方の中小企業が元気になって行く必要が必ずあると思います。

そのお手伝いがちょっとでも出来れば、
私と、トミソーを育ててくれた富山への恩返しになるのでは?
と、考えています。
そのためには利他の心をベースとした
「お客様の事を一番に考えた仕事」
を全てにおいて徹底していきます。

まだまだ経験も少なく、至らない所も多いですが
みんなと力を合わせ、、
関わって頂いている全ての方への感謝の気持ちも込めて。

「一番お客様の事を考えたモノ造りが出来る会社」

を目指して行こうと思います。
そして、富山を元気に。
仕事を通して顧客貢献、社会貢献の出来る会社にして行きたいと思います。