周りの人を幸せにする

昨日、新入社員の子と話をしていて思い出したんです。

私が前職のスペースから帰ってきてトミソーに入った頃、
よく営業マンと言い争ってました。
喧嘩って言ってもいいくらい。

お客さまの為に意見をぶつけ合う姿勢は良いと思います。
しかしその時は私はデザイナーとしての主張があり、
相手には営業としての主張があり、
もしかするとお客さまをほったらかして自分の主張を
ただぶつけていたかもしれません。

それも、相手のことなんて考えてもいませんでした。

「自分の主張を通す」

ただこれだけです。

こんな事でしたからお互い気持ちよく仕事出来る訳はなく。
お互いぷんぷんしていました。

自分の主張自体は今でも間違ってはないかなと思ってます。
しかし、その表現の仕方が完全に間違ってました。

きちんと相手の事を考えて、
相手の主張にも耳を傾けて、
相手の立場にも立ってみて、
相手の想いにも寄り添って、

その上で、二人の目指す方向が合ってるのか?
違う向きなのか?を確認して。

違っていたなら、
そこは話し合い。
正しいと思える道を話し合います。
もしも、どうしてもその方向が交わらない様であれば、
進む道を違える決断も必要かと思います。

違う目的地を目指す人と同じ船には乗れませんからね。

目指す方向が、少しでも交わってたり、
少しづつでも理解しあって、同じ方向を目指せそうと思えるなら
一緒に船を進めましょう!ってなれるよね。

「正しい人を船に乗せる」

って話を先日聞きました。
正しいってのは、何も世間的に正しいとかではなく
自分と同じ向きを向ける人って意味だと、今 分かった様な気がします。

この船に乗れない人が世間一般的に正しくないという訳ではなく
自分の「正しい」と交わえる人の事だと思います。

あの営業の人とも、もしかすると交わえたのかもしれません。
その方は退職されました。

自分の主張だけ通そうとしたら、交わえた可能性のあった人とも
縁が切れる事になるんですね。

そうやっていると、
誰も自分に賛同してもらえず、
誰も味方になって貰えず、
同じ方向を目指す仲間なんてそうそう増えません。
同じ船に乗ってくれる同士なんて集まりません。

それで、
昨日、話をしていて、
どうやったらいいのだろう?
って考えました。

一つ思いついたのは、

「周りの人に幸せを振りまこう」

と思いました。
そうそう簡単な事ではありませんが、
主張を通す前に、相手を理解しよう。
相手にとって1ミリでも「この人と話せてよかった」と思える対話を
相手にとって1ミリでも「元気が出た」とか「よし、やろう!」とか「嬉しい!」とか
そういう前向きになれる様な対話を
心掛けていこうって

とりあえず今は結論つけました。
そうすると自分も1ミリ以上は幸せを感じられるはず。

主張を押し通そうとして、通らなかったイライラよりも
相手がちょっとは前向きになったかな?良かった
と思えたら、それを自分の幸せとする。
今の立場になったから感じる事かもしれません。

幸せって人それぞれですけど、
大雑把にいうと前向きな方向なら、皆幸せに向かうよね!
1ミリでもいいから前向きになれる対話を心掛けていれば

いつか、自分の主張に協調してもらえ、賛同されるかもしれない。
心強い仲間が背中を押してくれるかもしれない。
同士が進んで助けてくれるかもしれない。

そのためには、
つらい時も落ち込んでる時も、
自分が一番笑顔で前向きにならなければいけない。
自分が人に泣き事を言ってちゃ、周りに幸せなんて振りまく事が出来る訳がない!

人間なんて弱くて当たり前の生き物
でも強くなろう!と心に決めて生きていかないとね。
強い思いで生きていかないと、周りに幸せなんて振りまけないですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。