自分に問う

随分と、
以前に比べたら、本当に「何がやりたいのか?」が見定められてきていると感じています。

人生を賭けられる事。
寝ても覚めてもその事を考えられる事。

「トミソーの社員をキラキラ輝かせる」
・そのためには幸せな働き方が出来る様になる
・その社員の背中を見た子供達が、働く事にワクワクする
・仕事を通して得られる幸せとは、仲間と共に本気で取り組んで得られる達成感

「学生や子供達に、建築という事業を通して働く事のワクワクを伝える」
・インターンシップを採用の場ではなく、ワクワクを伝える場にする
・採用活動を通して、学生に働く幸せを伝えていく

この二つに人生を賭ける。

と、迷わずに言えます。

もちろん、一人でこんな考えに達した訳ではなく
色んな方の話を聞いて、色んな経験をして、
色んな方の実践を目の当たりにして。

そうやって、腹に入ってきたのです。
最初はそうやっている方の話を聞いて、
いいな~くらいに思いました。

それが、いいなじゃなくなって、
もしかしたら自分でもできるのかも・・・に変わり
いつしか、
いやそのきっかけもあるのですが、
絶対にこれをやる。やり続ける。
と腹に入りました。

しかしそれは、本当に自分の内発的な目的なのか?

誰かにこう思われたいとか、
やっている方に追いつきたいとか、
外発的な要素はないか?

外発的な要素があると
全く説得力のない話になります。

それでは伝わらない。

恥ずかしながら、
久しぶりに稲盛塾長の言葉を思い出しました。

「動機善なりや? 私心なかりしか?」

自問の日々です。

 

でも、なんとなくですが分かりかけている気がしているんです。

だから毎日考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。