正しい力

前回のブログで、
資産運用や不労所得の事を書きました。

政府(岸田さん)が「骨太の方針」と言って
貯蓄せずに運用に回そうよって政策です。

いやいや、そもそも国民の個人でそんなに貯蓄あると思ってるの?
ってぼやきや怒りが沢山たくさんつぶやかれていますね。

確かに愚の骨頂な方針ですし、日本はヤバイって感じます。

どんどんおかしくなっていく政府の方針には、断固として立ち向かわなければいけません。

マジでコロナ対策使途不明金とか追及しないといけません。

とはいえ。
私達に出来る事の限度はあります。
諦める事はありませんが、時間がかかりそうです。

 

私達は、「正しい事」を「正しい」と言い続けないといけませんし
「正しい事」を事業を通して推し進め、
利益を出して、
社員にいっぱいお給料を払って
お客さまにも幸せになってもらって
地域社会に役立つモノを創り出していく

そうやって地域から大事にされる企業になり
「正しい力」で発信力を高める。

こちらも時間はかかりますが、
ゆるぎない地盤が創れると思います。

近江商人の言葉で「三方よし」があります。
売り手よし
買い手よし
世間よし

当社の企業理念にも
お客様の夢の実現
従業員の幸福の追求
地域社会に価値ある物を創り続けます

とあります。
最近、本当にこの言葉の意味の深さを感じます。

これが本当の「正しい商い」だと感じます。

 

今、来期の設立70周年に向けて、トミソーのあるべき姿を毎月話し合っていますが
やはりここにたどり着きます。

正しい生き方もここに尽きるでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。