よいお年を

トミソーは今日が今年の最終営業日となります。
年始は1月5日より新年の営業開始となります。

暦の関係もありまして
今年は例年に比べて短めのお正月休みとなりそうです。

 

さて、本年を振り返って色々ありました・・・・
なんてことをつらつらと書き綴っても仕方ないかなと思いつつも、
ちょっと回想。

地を揺るがすほどの大変な年ではありました。
世界では新型コロナ感染拡大から派生した大きな生活の変化と経済への打撃。
会社としても創業者の死去という事もあり、
事業的にも精神的、理念的にも大きなターニングポイントの年でした。

でも、生きていく中で、ずーっと平穏、安泰なんてありえないじゃないですか。
逆にその方が怖い。

今年、春ごろはコロナ自粛、緊急事態宣言を受けて当社もかなり営業活動、事業活動を縮小しました。
そのおかげで、業績は非情に厳しい見通しでしたが
社員皆の頑張りで、目標は達成できませんでしたが、昨年と同等の売上までは挽回してくれました。

ピンチがチームを強くしたと感じます。

ずーっと平穏、安泰では見られなかった光景です。

ピンチが必ずしもいいという訳ではありませんよ。
チャレンジが必要だという事です。

今年はたまたまピンチがあったので、皆で協力し、力を合わせて乗り越えるという目標(理想)が共有できたから成し遂げられました。皆が成長しチームも成長できたと思います。
個々の成長は会社の財産でもあり、個人の財産でもあります。
せっかく同じ時間を同じ会社で、お給料をもらって過ごすのなら、
成長しないよりも成長する方がいいに決まってます。
逆に、この先、個々の成長が見られない(実現できない)企業やチームは淘汰されていくでしょう。

平穏、安泰の時にもそれに甘んじず、チャレンジを続けていく必要があります。

その時こそ理念(理想)が大事でして、
理念(理想)が無い人は理由(ルール)がないと行動に結びつきません。
理念(理想)を共有(共感)していれば、ルールがなくても人は行動できます。

世の中が好況で、平穏、安泰な時でも新しい事、もっと上を目指す事、チャレンジする事の必要性を共有、共感していれば、コロナの様な外的要因がなくても一致団結でき、成長をし続けられます。

今年はたまたまコロナが来て、そのピンチのおかげで一人一人が成長を感じられた年ではないでしょうか。
これを機に、日々チャレンジする事を忘れず、前に向って成長し続けられる第一歩の年となれば幸いです。

 

しかし、
来年は全く平穏、安泰とは程遠い年になるでしょう。
生活習慣の大きな変化は多分これ以上ショッキングな事にはならないと思います。

しかし、経済への影響は今年の非ではなく、もっともっと奥深い深刻な状況になるでしょう。

私の予想では1年以上先かな?と甘く見積もっていた、
金融機関の一般融資の締め付けが始まりました。
優良融資先、貸し渋り先、貸離し先、と今までもありましたが
もっと顕著になるでしょう。

私達個人 一人一人がもっとしっかりと前を見て、一歩一歩着実に進んでいかないといけません。

ピンチはまだまだ続くでしょうが、
そんな時こそ、今度は新しい事にチャレンジして乗り越えなければなりません。

 

改めて、来年のトミソーのスローガン
「全員がエンジン!」
機械の様なルールに則ったシステムではなく
一人一人が推進力、発信力をもって。
各細胞が各々考え、最適な行動をとれる有機的な組織になれるように決めました。

アメーバの集合体の様な粘り強く理念に向っていける会社を目指します。

※ならスローガンは「全員がアメーバ!」でいいじゃないか?と思われるかもしれませんが
アメーバはちょっと・・・ エンジンの方が爆発力があっていいでしょう。

という事で、
結局今年を振り返り、来年の抱負を述べる、
よくある年末のブログになっちゃいました。

 

それでは、皆さま、本年はありがとうございました。
また2021年もトミソーを宜しくお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です