私が名古屋に行くと・・・富山は大雪になりますね。

昨日、今日と名古屋へ行って来ました。
盛和塾の名古屋塾長例会へ参加するためです。

前日から気にしていた天気予報は北陸地方の大雪・・・
富山から一緒に行く塾生の先輩方と連絡を取り合い、
余裕を持って行ける様に早めの特急にのりました。
そしたら、予想に反して、ほとんど遅延せず名古屋到着。

01fc91def1f935bde50843f5530ec6b35156115e13

すっごく時間を持て余したので、
並んでいたけど、せっかくなので名古屋名物矢場トンを皆で頂きました。
久しぶりに食べたけど、美味しかったです。

そして余裕でホテルのチェックインも済ませて
余裕を持って塾長例会の会場へ到着。

010a1f22b75cdd5733c00fd41a4e55d8285a470d27

世界大会の規模には敵いませんが、それでも世界中から1100人余りの経営者が集まってます。
熱気ムンムンです。

そして、お二人の経営体験発表があり、
塾長のコメントがあり・・・
そして、それについて皆で話をしたり。

やはり。
生で塾長の講和を聞けるのは、普段の勉強の数倍は身に入ります。

そして、
その後の懇親会と、それに続く二次会、三次会。
他県の方々とも交流を深めることができ、新しい繋がりも出来ました。
なによりも、楽しかった。
皆熱いなぁ。 仙台塾の三名の方々からはかなりの刺激を頂きました。
お酒の席で胸襟を開いているから出来る話。

私も頑張ろう!って気持ちになります。
皆様ありがとうございました。

 
そして、一夜明けて
今朝です。

010fd861bdfc2433071bcd6fbe46872a4c5ccced2d

名古屋は晴天。
なのにどうやら北陸は大雪だったみたいですね。
電車が先にストップするだろうと予測して予約していた高速バスは
全部運休・・・

慌てて特急に切り替えまして、なんとか11時48分発の列車を取れました。
雪の富山へは予定よりもかなり遅く到着しましたが、17時の会議にはまにあいました。

 

帰りの列車の中でも、先輩と話をしていましたが、

今回の例会の中で。
発表した方で私と同じように跡継ぎの方がおられまして、
その方のお話の中で、
私もハっと気づいた事がありました。

 

その方は、跡を継ぐ前は公務員のエリートコースを歩んでおられたそうです。
それを辞めて、厳しい個人企業の、それもかなり厳しい業種の会社の社長になられた。
大変な苦労をされておられるとの事でした。
それでも前向きに、自社をちょっとでも良くしたい!と懸命に努力されておられます。

ある日、以前の公務員仲間からの
「公務員辞めて、苦労しているみたいだけど後悔とか未練とかないかい?」

という質問に

「一切の後悔も未練もない。これが天職」

と答えられたそうです。
ここでハっと気づきました。

 

 

私は、

前職である㈱スペースを辞めて、トミソーに来て。
しかも嫌になって辞めたわけでもなく、
全国のお店を造らせてもらって、それは充実した日々を送っていて
今でも私を育ててくれたスペースには感謝をしていますし、大好きです。

今思えば。
辞めてトミソーに来てすぐの頃は、
以前の仕事内容と、富山での仕事内容を比べていたと思います。
いつか富山でもスペースの時のような大きな仕事を!
なんて考えで、必死だったように思えます。

間違いなく未練タラタラでした。

 

 

今は?

もちろん今の仕事内容に満足してはいませんが、
目指す目標が全く変わりました。

またスペースの時のような仕事がしたいか?

全く思いません。
それどころか、そんな考えすら忘れていました。
そういう時期が懐かしいくらいです。

 

今は背負うものが違いすぎます。

いつからなのか?・・・
この瞬間にそうなった!という明確な変化の時は思い当たりませんが、
今はハッキリ断言できます。

「未練も後悔も全くありません。 トミソーの代表の仕事は天職であり天命です。」

今は、
自分がやりたい仕事よりも、

「従業員とその家族を守っていくために、やるべき仕事」
「お客様、OB様、取引先さまを守っていくために、やるべき仕事」

いつからか、
自分よりも他人に貢献したい。
と思えるようになりました。

 

きっと・・・
これは盛和塾のおかげでしょうね。
稲盛塾長と出会えたことも運命。
盛和塾でたくさんの先輩方と出会えた事も運命。
私がトミソーを継ぐ事も同じく運命。
そして、トミソーの社員の皆がトミソーに入った事だって運命。

ならそれを天命とし、かならず思いを成就させ、
天命を全うしたい。

と、
再確認した日でした。

 

 

短く書きたいのに、
やっぱり長くなりますね・・・
 

 

今日は稲盛塾長への感謝の言葉で締めたいと思います。

 
塾長、本当にありがとうございます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です