今日は、11月22日!いい夫婦の日☆

今日は、いい夫婦の日に、結婚して1年経つ仲の本当に良いご夫婦を新潟日帰りツアーに

ご案内して参りました。おまけ付きで(^^)b

来春に当社で『郷の家』を建てていただけるお客様、Hさまご夫婦です。

Hさまの奥様は、私どもトミソーの不動産部の北リンちゃんの妹さんです。双子の姉妹で、私の子供と同じく

一卵性の双子なので、とても親近感があります。

北リンから「妹夫婦が郷の家で家を建てたいので、郷の家なら木下さんにお願いしたい」聞いて、

そよかぜタウンの住宅展でご主人を紹介していただいて、私と初顔合わせしていただきました。

 

奥様から先にお会いしたときに、

「旦那は、身内で建てるのことを気にしている、言いたいことが言えない気がする・・・」と、お話されました。

でも私は、自分に会わせていただけたらトミソーの家づくりや私の考えを理解してもらえると思っていました。

そして、ご主人にお話を聞いていただけて、また住宅展で他社さんの家を見て回ってこられて、

もう一度、私達の元にご夫婦で来られて、「やっぱ、郷の家が一番気に入った」と言っていただけていました。

 

 

そして、今日の朝、8時にトミソーを出発しました!天気も良く、楽しい旅になりそうです☆

出発して富山ICから高速に乗るなり、車中は会話が弾みます!

私も運転しながら北リンと瓜二つで以前から知っている感覚に陥り、

またご主人のやさしい人柄と、面白い質問の仕方につられて、くだらない私の親父ギャグにも笑ってくれて、

楽しい車中となり、いつもより車のスピードを知らないうちに落としてて、予定時間を大幅に過ぎそうな勢いに、

慌てて、パーキングに車を入れて今回夢ハウスからの案内人である武石氏に電話をかけました。

 

ナビを見ながら今、ここにいるんですけど!って伝えようとしても地名の漢字が読めません・・・。

そして漢字を一文字ずつ訳すと、あ〜そこなら15分くらいで行けますよ〜!って電話を切って、向かおうとしたら・・・

違うところを言ってしまったことに車中で爆笑!!30分以上はかかる場所でした^^;武石さん、ごめんなさいm(_ _)m

ブログ見ていると思うので、この後の失態もお許しを・・・。

 

 

結局、予定到着時間を40分以上もかかってしまって到着したのが、

新潟西にあるモデルハウス『木だちの家』

夢ハウスの理念は、私達も同感です。そういえば、先日行った福井県の研修で、

ある社長さんが講演した中で、私がこうして講演を頼まれるときにいつもみんなの前で、

毎回理念について決まったものが無かったので、その都度、違う言い回しで説明していたので、

自分もひとつ理念を決めて、こうして講演時や自分の会社の社員にも同じ事を言い続けよう!って

考えてひとつ決めたと聞きました。

 

自分や社員がブレないためにも、なんの為にしているかを浸透するにもトップの理念って必要ですね。

こうしてモデルハウスに社長の考える理念をお客様に読んでいただく。

とても良いことだと写真を撮ってきました。

 

 

 

Hさまご夫婦に1階部分を見ていただきました。

まずは、そのイスに座りますよね〜♪ 私どもの宿泊体験ができるモデルハウスにも置く、

夢ハウスオリジナルの桐材でできているロッキングチェアー!☆座り心地も良かったと!

奥様には、台所の水廻りや食器棚、床のタイルことなどを説明させてもらいました。

二階を詳しくご説明する前に、気になるロフトへ。

ロフトに行くと、天井が低いので、誰もが座ってしまうこの場所には、置き畳とイス。

姉妹でそのイスに座って、

姉妹仲良くVサイン!!ほんと仲がいいですね☆双子ってやっぱいいなぁ〜♪

そして、ご主人とも三人は楽しそうにロフトを満喫されてました〜☆

 

 

二階も見て、説明を受けて、私からもトミソーが造る『郷の家』はここが同じで、

ここはこう違うってご説明させていただいて、じっくり見てもらい、もう一度1階へ。

私も運転の疲れをロッキングチェアーで癒します。

 

ロフトで薪ストーブの事についてお話させていただいたときに、ご夫婦は薪ストーブの採用は

しないような口ぶりだったので、私から良さについて話させていただいていたら、

武石さんが、今から着火してみます?ってお誘いを受けました。

 

時間が押していたので・・・。って、一度は断った私でしたが。。。

ご主人は、興味あるような感じで、薪ストーブを触りはじめました。

 

すると、武石さんが、説明し始めました。

そういうことならご主人にも好きになってもらいたい一心で、

「着火してみます?」ってご主人に聞いてみると、

そうしたい!って言われたので、武石さんにお願いしました。

 

まずは、細い桟を三角に組んで、固形着火材を二つ仕込んで、

火をつけます。

フタを締めて空気調整をすると、あっという間に火が燃え移ります。

じゃ〜どうぞ!皮手をして、薪を投入してみてください!

簡単でしょ?

そうですね〜♪

その様子に奥様も興味が出てきて、

自分も薪ストーブを触ってみたくなった様子。

そして、ソファーに腰掛けていただいて、狙ったかのようなコーヒータイム!

 

そこから炎を見ながら薪ストーブの良さと注意点、薪のコストや調達について、

薪ストーブの燃え上がる炎より熱いトークを始める私と、的確な説明の武石さんとで、

ご夫婦は採用に前向きな意見をしていただけるようになりました。

 

しかし、姉妹はうちの子と同じようにふたり並ぶとそっくり☆しゃべり方の声のトーンが違うので、

それで私は区別がつきましたが、着てくる服のセンスも同じで紛らわしいかったです^^;

ジャロに電話するじょ・・・。

 

私、コーヒータイム時に外へイップク。煙草 (ーoー)y━・~~

すると、以前総会に来たときに確か無かったと思うのですが、駐車場に木の小屋を発見!!

勝手に扉を開く私・・・。中が気になります。

やっぱり!思った通り薪置き場でした!!

ここは雪がたくさん降る場所で、普通の薪小屋で、伐採した薪材なら乾かす必要がありますが、

夢ハウスのブリケットや乾燥機で乾いた端材をストックするならこうして密閉された小屋の方がいいですね!

二日前に、当社のモデルハウスにも薪小屋を作ってほしいと工事部長にお願いしましたが、

『郷の家』での端材をストックするのだからこんなんを真似したほうがいいなぁ〜って感じました。

 

やっぱりこうして中をみても来るたびに細かいところをいじっていたり、

外を見ても夢ハウスは、モデルハウスを常に新化しつづけているなぁ〜とも関心をしました。

私達のモデルハウスも5年間、宿泊体験やイベントで使用していきます。忙しい日々が続いても同じように

新化することを怠ることの無いようにしていかないと!って改めて思いました。

 

最後に和室を見てもらいました。

あ〜庭に夢ハウスだぁ〜♪ほんとだね〜☆って姉妹が叫んでます!!

ん?何いってんの?って近づいてみてみると・・・

庭のコケの種類を替えて、『夢ハウス』の文字が。相変わらず遊び心わすれてませんね〜♪

武石さんが、「見つかってしまいましたか〜」ってニヤリ(^^)

スの文字がイマイチ・・・奥さまのご指摘を受けてましたが・・・。

 

 

奥様が屏風に書かれているお客様からの感謝の言葉を真剣に読んでおられました。

へ〜お客様から届いた言葉なんですね!凄いですね、夢ハウスって!!

私も一緒になって読んでました。

自分もそういう風に思ってもらえる人達に、そしてトミソーも夢ハウスのように

お客様から感謝の言葉をたくさ〜んいただけるように早くなりたいです。

 

「夢の家 造る人も住む人も 感謝の心で夢ハウス」

 

しばらくその言葉から目を話すことができませんでした。とてもすてきなお言葉です。

 

 

さて、今日は、予定では、18時半頃には、会社に戻ってくる予定でした。

ところが、出だしでHさまご夫婦と楽しい会話でのろのろ運転、

そしてこのモデルハウスに到着するときに道を間違えていました。

なので、この『木だちの家』モデルハウスは、軽〜く流してみて、お昼にしましょう!って

言っていたのに、ここでもかなりゆっくり目で時間オーバーでした・・・。┐( ̄ヘ ̄)┌ ヤレヤレ・・・

 

そして、この後は昼食を挟んで、工場見学に向かうのですが、この先もその次もそして最後まで、

武石さんに来る前に渡していたタイムスケジュールをぐちゃぐちゃにしてしまう出来事を・・・。

ごめんちゃいm(_ _)m

 

 

一生懸命に営業中のお店を探して・・・そして。。。この続きは、次回にさせていただきます。

 

18時半に帰って来る予定が、21時半でした・・・。13時間の旅で・・・私も正直、クタクタです。

でも今回の旅は、長い時間、Hさまご夫婦と楽しい時間を過ごせて、心を開いてお話できて、

その疲れなんかどうでもいいくらいに思い出に残る旅になりました!

 

ブログ記事も明日以降にしようと思って帰ってきましたが、こうして書いてしまいました^^

またまたご縁に感謝する一日となり、素晴らしい出会いをありがとう!夢ハウスに感謝です♡

 

あ、武石さん!!今日は本当にご迷惑おかけしましたが、あなたからの一言嬉しかったです!

「木下さんだからそういうお客様方が、自然と集まってくるんですよ!」

 

そうですね、自分も最近、だんだん感じています。自分のお客様になっていただいた方々は、

出逢う度にお顔の表情やお言葉に、なんともいえない気持ちにさせていただいています。

そして、幸せな気持ちにさせていただいています。

 

出逢いを大切に。それ以上に出逢った人たちを宝に。

 

 

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。