「challenge for change 変革への挑戦」

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

トミソーは本日が仕事初め。
今日はお取引先様へご挨拶回りにお邪魔しておりました。
私はほぼ1日外出しておりましたので、トミソーにご挨拶に来て頂きました
皆さま、ご挨拶できずに申し訳ありませんでした。

自分で決めておいて何ですが、
それにしても長いお休みでした。

社員は十分休養が取れたと思います。

私もおかげ様でゆっくり休ませて頂きました。
が、お正月も5日を過ぎた辺りから・・・ 落ち着かなくなり・・・
結局5日以降、昨日まで毎日会社に来て仕事したり本読んだり仕事したりしていました。
情けない話ですが、あまり長く休むと落ち着かなくなりますね。

祖父である島田会長も良く休日に会社に来て新聞読んだり本を読んだりしておられました。
その時は、何で休まないんだろう? 家にいるのが苦痛なのかな?
なんて思っていましたが、会長の気持ちが良くわかります。
決して家が不快な訳ではなく、とてもリラックスできるのですが、
そのリラックスが長く続くと、「うん?これでいいのか?」と怖くなってくるんでしょうね。

ダメですね。
もっとドシっとしていないとね。

さて、昨年から色々と新しい事に取り組んでまいりました。
トミソーは今までは2月決算でしたが、昨年度より12月決算へと変更しました。
いろいろとその方が都合が良いのです。
今日から心機一転第65期のスタートです。

社内的にも新しい事をたくさん取り入れたので
社員も大変戸惑っています。
細かい事かもしれませんが、タイムカードからICカードシステムに変更して、
クラウドとPCで出退管理をする様にしました。
すぐ慣れるかな?と思っていましたが、なかなか大変です。
これだけでも社員にはストレスになっているでしょうが、
まあ、他にもいろいろ変えました。

すいません。苦労ばかりかけまして。

でも、AIだろうがIOTだろうが使えるものは使いながら、
今は大変でしょうけど、必ず業務効率化や改善に繋がり、
最終的には社員にとっていい結果になるはずです。

いろいろと始めたばかりなので、今後もブラッシュアップは必要でしょうが
頑張っていい会社に近づけます。
だから、どうにか慣れるまで頑張ろうね。

そして、私達はこれからも変わらないといけないのです。

64年間も長い間大海原を航海して来たトミソー丸ですが、
今のままの船では、いつか沈むでしょう。
今日の朝礼でも社員の皆には話しましたが、
今まで、船底に穴が開いては処置してふさぎ、ペンキを塗りなおし
エンジンを直したり、追加したり、帆を増やしたりと、
なんとかかんとかやってきましたが、

この先には大変な台風やら波浪やら、下手すると滝底に落ちるかもしれません。

そういう時代に入ってきています。
VUCAの時代って言うそうです。
これはいつか機会があれば書きます。
自分で調べてみましょう。

したがってトミソーは新しくて早くてスマートな舟を作る必要があります。
大変な事ですが、そうしないといつまでも古い舟では、荒波や滝をクリアできないと感じます。

その新しい舟で、まずは古い舟を引っ張り、
どんどんと古い船の荷を下ろし、もしくわ新しい船に積み替えて行かなくてはなりません。

推進力のあるエンジンが必要です。

新トミソー丸の船長は私です。

きっと安定なんてないです。
5年や10年は不安定な航海を続ける覚悟です。

でも、やる気はマンマンです。

新しい船が、社員みんなの希望になる様に。
社員一人ひとりがヨットのように幌を張って、
この新トミソー丸を引っ張ってくれないと、きっと前には進めず
転覆するでしょう。

でもその目的地が、とても魅力のあるところなら。

苦労はするけど面白い航海になると思います。

社員みんなが面白く目標に向かえる航海。

頑張りたいと思います。

 

 

2018年のスローガン
「chellenge for change   変革への挑戦」
を挙げます。

変わる事って誰でも怖いんですけど、変わらないと前へ進めません。

今はタイムカード一つでもオロオロしていますが、
もうすぐそれが普通になるでしょう。

そんなものです。

怖がらず前へ進もうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>